Serif Labs、Mac用グラフィックツール「Affinity Designer v1.5.2」にプリセットが削除されてしまう不具合があるとして、アップデートを控えるように通知。

スポンサーリンク

 Serif LabsがMac用グラフィックツール「Affinity Designer v1.5.2」にプリセットが削除されてしまう不具合があるとして、アップデートを控えるように通知しています。詳細は以下から。

Affinity_Designer-logo-icon

 Affinity DesignerはイギリスのSerif Labsが開発しているMac用グラフィックスツールですが、このAffinity Designer v1.5.2にユーザーのブラシやテキストスタイル、キーボードショートカットなどのプリセットが削除されてしまう不具合が発見され、Serifがアップデートを控えるように通知しています。

*** PLEASE NOTE *** We have just noticed a problem with the latest Mac AppStore Designer update (ver 1.5.2) and are working to resolve it.

Running this update will reset any brushes, styles, text styles, swatches, keyboard shortcut customization and workspace layout you may have added.

We are extremely sorry about this and will have a fix available within the next 24 hours.

If you have installed the new update and have customised any settings then please don’t run Designer until we have deployed a replacement update (Designer ver 1.5.3).

Again, we are very sorry and will make sure this never happens again.

 Affinity Designer v1.5.2は11月15日にリリースされたMacBook ProのTouch Barをサポートしたバージョンで、Serifはこのアップデートを取り消し、今後24時間以内にこの不具合を修正したv1.5.3をリリースする計画で、もしv1.5.2へアップデートしてしまった方はアプリを起動しないように求めています。

affinity-designer-v-1-5-2-logo

コメント

  1. 匿名 より:

    素晴らしく迅速な対応。
    アップルとかアドビとか、企業が巨大化するとこういう細かい対応ができないんだろうな。