左右のコマンドキーを英数/かなに変更してくれるmacOS Sierra対応のキーボードカスタマイズツール「⌘英かな」がリリース。

スポンサーリンク

 左右のコマンドキーを英数/かなに変更してくれるmacOS Sierra対応のキーボードカスタマイズツール「⌘英かな」がリリースされています。詳細は以下から。

cmd-eikana-logo-icon

 「⌘英かな」は”あも”さんが開発&公開したMac用キーボードカスタマイズツールで、USなどのキーボードの「左右のコマンドキー」を単体で押した時にJISキーボードの「英数」と「かな」の動作に変更してくれる機能があります。(キーコンビネーション時はコマンドキーキーとして動作します)

⌘英かな
左右のコマンドキーを単体で押した時に英数/かなを切り替えるようにするアプリです。
Karabinerがまだ対応してないmacOS Sierraでも動作します。

⌘英かな

 使い方は「⌘英かな」をダウンロードして起動し、アクセシビリティを許可するだけですが、未署名なのでGatekeeperの設定を変更するか、ソースコードをダウンロードしてユーザー自身がXcodeでビルドする必要があります。

cmd-eikana-on-MacBook

*Takayama FumihikoさんのKarabinerはmacOS Sierra対応を進めており、Karabinerのプロトタイプ「Karabiner-Elements」がGitHubで公開されており、「⌘英かな」も公式サイトおよびKanさんがソースコードを公開しているので、興味のある方は確認してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    2ちゃんにあったやつだね

  2. 匿名 より:

    karabinerじゃなくてもこれで十分だわ

  3. 匿名 より:

    作者さんありがとうございます。USはシンプルでデザインがいいけど、英かな切り替えだけは
    どうも馴染めなかったんで助かりました。