Safari Technology Preview v9ではブラウザリクエストをcURL形式で取得する「Copy as cURL」機能が利用可能に。

スポンサーリンク

 Safari Technology Preview v9にはブラウザのリクエストをcURL形式で取得する「Copy as cURL」機能が追加されているそうです。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKitチームは現地時間7月20日、「Safari Technology Preview v9」をリリースしましたが、このリリースノートを読んでいたところ、Safari TP v9では新たにGoogle Chromeの機能から取り入れたブラウザのリクエストをcURL形式で取得する「Copy as cURL」機能がWeb Inspectorに追加されているそうです。

Safari-TP-v9-Add-Copy-as-cURL

Web Inspector
・Added “Copy as cURL” feature for resource requests in the timeline (r203132)

Release Notes for Safari Technology Preview Release 9 – WebKit

Copy as cURLの使い方

 「Copy as cURL」機能はWeb Inspectorのタイムライン内にあるリソースリクエストを右クリックすることで利用可能で、これによりブラウザリクエストをcURL形式で取得し、ターミナルなどでチェックすることができるので、興味のある方は確認してみてください。

Safari-TP-v9-Copy-as-cURL-in-Timeline