iTunes v12.3以降でApple Musicサービスを非表示&使用停止する方法。

スポンサーリンク

 iTunes v12.3以降でApple Musicサービスを非表示&停止する方法です。詳細は以下から。

iTunes-Hero-logo-icon

 Appleは先日UIを刷新したiTunes v12.4をリリースしましたが、このiTunes v12.4(正確にはv12.3以降)ではApple Musicサービスのタブを非表示にするだけではなく、[制限]オプションでApple Musicを停止に出来るそうです。

Disable-Apple-Music-iTunes-Restrictions

Apple Musicを使用停止

 iMoreによるとApple Musicを非表示にし、サービスを使用停止にする方法は以下の通りで、これにより不要なApple Musicオプションも隠れます。

  • Apple Musicを非表示に
    1. iTunesメニューの[環境設定..]から[一般]のタブへ
    2. [Apple Musicを表示]のチェックボックスをOFFに
      (*iTunes Storeにサインインしていないと表示されません)

  • Apple Musicサービスを使用停止にする
    1. iTunesメニューの[環境設定..]から[制限]のタブへ
    2. [Apple Music]および[Connect]のチェックボックスをONに

Whether you’re not a fan of Apple Music or you’d just prefer to keep the service off your Mac, you can remove it from iTunes simply by checking a box—the Restrictions box, to be exact.

How to remove Apple Music entirely from iTunes | iMore

 調べてみたところ、この設定はiTunes v12.3から利用可能でApple Musicオプションを非表示/使用停止にすることでローカルライブラリとiTunes Storeだけの表示になるので、Apple Musicが不要な方は試してみてください。

Disable-Apple-Music-iTunes

*iTunes v12.2以前では[制限]タブは[ペアレンタル]タブになっています。

コメント

  1. 匿名 より:

    これありがたいですね。
    サイドバーの復活といい今回のバージョンはappleらしくない
    ユーザー目線の仕様変更が多いな。

  2. 匿名 より:

    いいね。スッキリした。

  3. 匿名 より:

    Apple MUSIC自体は便利という噂だし興味はあるけど、いかんせん金がないからな……