OS X 10.11.4へアップデートした一部のMacで特定のアプリを利用するとシステムがフリーズする不具合。

スポンサーリンク

 OS X 10.11.4へアップデートした一部のMacで特定のアプリを利用するとシステムがフリーズする不具合が出ているそうです。詳細は以下から。

OS X 10.11 El Capitan

 MacRumors ForumやApple Support Communities[1, 2, 3], YouTube[1, 2, 3]によると、Appleが3月末にリリースしたOS X 10.11.4 El Capitanにアップデートした一部のMacで、SafariやAdobe Photoshopなど特定のアプリを利用するとシステムがフリーズし、マウスやトラックパッドが利用できなくなる不具合が発生しているそうです。

Hundreds of MacRumors forum members have been posting to a dedicated thread to discuss the issue, which spans 20 pages at the time of writing. The problem appears to be concentrated on 13-inch Retina MacBook Pros (Early 2015) running 10.11.4. Users report that their system becomes totally unresponsive at seemingly random times, with no way to regain access to their Mac other than to force a hard reboot.

Mac Users Reporting Widespread System Freezes With OS X El Capitan 10.11.4 Update – Mac Rumors

対象は2015年製のMacBook Pro?

 MacRumors ForumやApple Support Communitiesの集計によると、不具合が発生しているMacはMacBook Pro Retina 13インチ Early 2015やPro Retina Mid 15インチ 2015モデルなど一部の2015年製MacBookに限られているため発覚が遅れたようで、

safari-freeze-issue-on-OS-X-10-11-4

One potential cause has been identified from crash logs as a system framework or an Intel Graphics driver bug. The issue is also being reported after installing Safari Technology Preview Version 1 and OS X 10.11.5 Public Beta 1.

Mac Users Reporting Widespread System Freezes With OS X El Capitan 10.11.4 Update – Mac Rumors

この不具合はクラッシュレポートからIntel Graphicsドライバの不具合と推測されているようですが、不具合を直す手立てはなく、多くのユーザーはTime MachineでOS X 10.11.3へ戻したと書き込んでいます。

コメント

  1. 匿名 より:

    昨日、職場で支給されたMacBook Airが2015 Earlyだったわ・・・
    10.11.4にアプデ済み

  2. 匿名 より:

    2012midは全部nVidiaのdGPUだから問題無しだな!