iOS 11で導入されたファイルアプリのタグは、macOSのFinderタグと同期可能。

スポンサーリンク

 iOS 11で導入されたファイルアプリのタグは、macOSのFinderタグと同期されるようになっています。詳細は以下から。

Appleの公式ファイラーアプリ「Files」アプリのアイコン。

 Appleが現地時間2017年09月19日に公開した「iOS 11」ではMacユーザーに馴染み深いDockが導入され、iOS(iPad)をよりmacOSの様に利用できるようになっていますが、同じくiOS 11で導入された「ファイルアプリ」のタグ機能はmacOSのFinderのタグと同期する仕様になっています。

iOS 11のファイルアプリとmacOSのFinderアプリでタグを同期したところ

 macOS/OS XのFinderにタグ機能が導入されたのはOS X 10.9 Mavericksからで、タグ付けされたファイルやフォルダはファインダーのサイドバーからアクセスできるようになっている他、Spotlightを利用し素早く検索できるようになっていますが、macOSとiOSでのタグの同期は「iCloud Drive」経由のようで、

macOSのシステム環境設定アプリまたはiOSの設定アプリで「iCloud Drive」の機能をOnにするとタグの同期が始まり、Offすると止まります。

タグの作成や削除、編集はiOSデバイスでも可能なので、これを期にファイルやフォルダをタグで整理してみたい方は以下の動画をチェックしてみて下さい。

コメント

  1. 匿名 より:

    MacはiCloudDrive使うけど、iPhoneでは使わない(オフ)のに、
    タグはそれぞれのデバイスで同期されるのやめてほしいわー