撮影したスクリーンショット画像にアプリ/ウィンドウ名や日付を付加してくれるユーティリティアプリ「Tiny for Mac」がベータ版を公開。

シェアする

スポンサーリンク

 Tiny for Macは Kaomoji for Macb.hatenaなどで知られるNico Pranantaさんが開発したMac用スクリーンショットアプリで、デフォルトのスクリーンショット画像の名前にウィンドウ名と日付をを付加してくれます。詳細は以下から。


Tiny-for-MacBook-Retina-Hero


 具体的には[Command + Shift +4]でシステム環境設定ウィンドウのスクリーンショットを撮った場合、デフォルトとTiny for Macを使用した場合とでは以下の様なファイル名になります。

  • システムデフォルト:スクリーンショット yyyy-mm-dd hh-mm-ss.png
  • Tiny for Mac:System Preferences – システム環境設定 – Screen Shot yyy年m月d日 h/m.png


Tiny-for-Mac-Feature

 個人的にはアプリのレビューのため数千枚ぐらいのスクリーンショットを撮った辺りからファイル管理が面倒になり、スクリーンショット名を自動的にアプリ/ウィンドウ名にしてタグ付けもしてくれるスクリーンショット管理アプリEmberb.hatena(6000円)を使用していましたが、Tiny for Macは無料(ベータ版)で、


Ember-for-Mac

 v1.0.5からはスクリーンショットネームのフォーマットを変更できるようになっており、撮影後の自動Quick Lookや、ブラウザの場合URLとサイトのタイトルも付加してくれるので、興味のある方は関連リンクからどうぞ。*システム要件はOS X 10.10 Yosemite 以降です。


関連リンク: