Mobile Safari 8の「デスクトップ用サイトを表示」機能はUserAgentをOS X 10.10 Yosemiteに偽装。

シェアする

スポンサーリンク

 Safari 8の「デスクトップ用サイトを表示」機能はUserAgentをOS X 10.10 Yosemiteに偽装しているようです。詳細は以下から。

 Mobile Safari 8(iOS 8)の新機能である「デスクトップ用サイトを表示」はUserAgentをOS X 10.10 Yosemiteに偽装してサイトにアクセスしているようです。


iOS8-Safari-デスクトップ用サイトを表示する


 先週終わりからOS X 10.10 Yosemiteでサイトを訪れる人が増えていたので調べてみたところ、Mobile Safari 8「デスクトップ用サイトを表示」機能を使用するとiOS 8のMobile Safari 8がOS X 10.10 YosemiteのSafari 8にUserAgentを変更(偽装)してアクセスしいるようです。


iOS8-Safari-デスクトップ用サイトを表示-User-Agent-Yosemite
[WhatIsMyBrowser.com]

 バージョンなどは以下の通り。

Mobile Safari 8

Mozilla/5.0 (iPhone; CPU iPhone OS  8_0 like Mac OS X) AppleWebKit/600.1.4 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Mobile/12A365  Safari/600.1.4

Mobile Safari 8(デスクトップ用サイトを表示)

Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X  10_10) AppleWebKit/538.44 (KHTML, like Gecko) Version/8.0 Safari/538.44


コメント

  1. Apple7743 より:

    早くYosemite使いてえよおおお

  2. Apple7743 より:

    icloud diriveはよ
    リリースと同時に初心者向けに、iPhoneのヒントアプリがバーストするぜ!

  3. Apple7743 より:

    ヨセミテとiOSのWebKitで微妙にバージョン違うのね

  4. Apple7743 より:

    Androidって今もスマホ用サイト覗くためにUAをMobile Safariにしてるのかなーとふと思った