OS X 10.10 Yosemite DP2では「Dark Mode」が有効にできるもよう。

シェアする

スポンサーリンク

 昨日リリースされたOS X 10.10 Yosemite Developer Preview 2ではDark Modeが有効に出来るようです。詳細は以下から。


 WWDC 2014の基調講演で発表されたYosemiteの新機能「Dark Mode」ですが、DP2では不完全ならがdefaultsコマンドで有効にできるようです。


OS-X-Yosemite-Dark-Mode-Hero

方法

 Dark Modeを有効にする方法はターミナルで以下のdefaultコマンドを実行し、再起動。(*もとに戻す場合は”Dark”を”Light”にして再起動)


OS-X-Yosemite-Dark-Mode-defaults

sudo defaults write /Library/Preferences/.GlobalPreferences AppleInterfaceTheme Dark 

 Dark Modeで変更されるのはメニューバーやDockなど一部UIで、まだメニューバーアイコンなどは最適化されていないようです。


OS-X-Yosemite-Light-vs-Dark-Mode

 また、他にもDark Modeが反映されるインターフェイスが用意されているようです。

比較


OS-X-Yosemite-GIF-Anime2
[Gif Anime]

関連リンク:
OS X Yosemite’s ‘Dark Mode’ Now Available via Terminal Command – MacRumors


コメント

  1. Apple7743 より:

    NSApperanceてこれか。
    Mavericks以上のフレームワークだから対応めんどくさそうだけど、これからダーク以外の色も出て来るんだろうか?
    ttps://developer.apple.com/library/mac/documentation/AppKit/Reference/NSAppearance_Class/Reference/Reference.html

  2. Apple7743 より:

    最後のgifの右上みて驚愕したけどWWDCだと白になってるな
    黒っぽいDOCKがこんなかたちで復活してくれて何より

  3. Apple7743 より:

    ダークモードだと安っぽく見える3色ボタンもかなりマシになるな

  4. Apple7743 より:

    >>3
    確かに、視認性が全然違いますね。
    ウインドウもバックが黒っぽくなってくれたら。
    白色は本当に眼に痛いです。