OS X 10.10 YosemiteのスクリプトエディタはApple Scriptの他にJavaScriptもサポートするもよう。

シェアする

スポンサーリンク

 OS X 10.10 YosemiteからスクリプトエディタにJavaScriptが追加され「JavaScript for Automation」が可能になっているようです。詳細は以下から。


 既にHacker Newsでも話題になっていますが、これはAppleのPre-Releaseにも記載されておりOS X 10.10 Yosemiteから使用可能だそうです。


OS-X-Yosemite-JavaScript-Automation
[@rauchg – Twitter]

 現在のところJavaScript(1.0)となっているそうで、「AppleScript(2.3)には強力なAPIがあるし置き換わるのは難しいんじゃないか?」や「AppleScriptより親しいJavaScriptでGUIの自動化ができれば最高だ!」という意見が出ているようです。


OS-X-Mavericks-Script

関連リンク:
JavaScript for Automation Release Notes – Apple

JavaScript as an alternative to AppleScript on OS X Yosemite – Hacker News

よくわかるJavaScriptの教科書
たにぐち まこと
マイナビ
2012-03-24