Xcode用の2Dベクター画像を作成できるグラフィックエディタ「QBlocks」が無料セール中。

シェアする

スポンサーリンク

 アーキテクチャーを付けたオブジェクトをXcode用の2Dベクター画像に出力できるグラフィックエディタ「QBlocks」が無料セール中です。詳細は以下から。

 QBlocksはiOS・OS X用にQuartz 2Dベースのファイルを作成してくれるグラフィックアプリです。


QBlocks-Hero

 使い方はまず[Add]でオブジェクトを追加し、[Block Library]からBlockを選択して[Block Settings]にドロップします。


QBlocks-Describe-img1

 GradientやShadow, Textなどを追加しながら「{}(Code Generation)」のボタンからObjective-Cコードも確認でき、


QBlocks-Describe-img2
QBlocks-Describe-img3

 メニューバーの[File]>[Export]から.m, .h, .png, .jpgファイルなどに書き出しできます。


QBlocks-Describe-img4

 公式サイトのnlinea.comにはサンプルファイルサポートページがありますので、詳しく知りたい方はそちらへどうぞ。

QBlocks 1000円 → 無料

QBlocks
カテゴリ: 開発ツール
価格: 無料
リリース日: 2013/02/13


コメント

  1. Apple7743 より:

    いただきました。情報ありがとうございます。