OS X 10.9.2からMacでもFaceTime Audioが可能になったので使ってみた。

シェアする

スポンサーリンク


OS-X-1092-FaceTime-Audio


 OS X 10.9.2アップデートでMacのFaceTimeアプリでも「FaceTime Audio」が使用できるようになったので使ってみました。詳細は以下から。


使い方

1.OS X 10.9.2にアップデートし、FaceTimeアプリから「環境設定」を選択しMacとiPhoneの電話番号(またはApple IDのメールアドレス)が紐付けされているか確認。

Mac-iCloud-FaceTime-Audio

2.OS X 10.9.2のFaceTimeアプリやアドレスブック、iOSのFaceTimeアプリにFaceTime Audioのアイコンが現れるので通話。

OS-X-iOS-Address-Book

3.これでMacにFaceTime Audioの着信があります。

OS-X-1092-FaceTime-Audio-1

4.後はiOSと同じでFaceTime Audioからビデオへの切り換え、Notification Centerでの不在着信通知もあります。

Notification-Center-FaceTime-Audio

関連リンク:
iOS:FaceTime のトラブルシューティング – Apple
OS X Mountain Lion Update 10.8.2で追加された「電話番号宛てに届いたiMessageをMacの”メッセージ”に表示」する機能が地味に便利b.hatena


コメント

  1. Apple7743 より:

    FaceTime Audioはもっと認知されるべき。知らない人多すぎ

  2. Apple7743 より:

    カメラいらないならうちのMac miniでもいけると思ったら、カメラ接続しないとそもそも環境設定もいじれないのね

  3. Apple7743 より:

    facetimeが起動していない状態(mac側)だとアイコンがチョピンってなるだけで終わっちゃうのはだけ?

  4. Apple7743 より:


    facetimeが起動していない状態(mac側)での着信の際