Apple、ホーム画面やコントロールセンターのカスタマイズやゲームモード、見られてくないアプリのロックや隠す機能などを追加した「iOS 18」を発表。

iOS 18の新機能1 iOS 18/iPadOS 18
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Appleがホーム画面やロック画面、コントロールセンターのカスタマイズやゲームモード、見られてくないアプリ非表示にする機能などを追加した「iOS 18」を発表しています。詳細は以下から。

iOS 18

 Appleは日本時間2024年06月11日02時から、毎年恒例の世界開発者会議WWDC24を開催し、その中でiPhone用OS「iOS」の次期メジャーアップデートとなる「iOS 18」の機能の一部を紹介しています。

WWDC24 iOS 18

ホーム画面のカスタマイズ

 現在iOSではアプリ、ウィジェットを上から順に配置してホーム画面をカスタマイズすることが可能ですが、iOS 18では、アプリやウィジェットをホーム画面の任意の位置に配置することが可能になるそうです。

iOS 18の新機能1

 また、iOSのアピアランスを暗くするダークモード用のアイコンも設定可能になるほか、ダークモード以外にもアイコンのカラーを調整できるカスタマイズ機能、

iOS 18の新機能1

コントロールセンターのカスタマイズ

 また、iOS 18では、ホーム画面だけでなくコントロールセンターのカスタマイズも可能になり、複数のページを上下に配置してスワイプで移動、ミュージックやホームのコントロールなどを配置できる他、

iOS 18の新機能2

開発者には新しいコントロール用のControls APIが提供され、自身のアプリの操作ボタンをコントロールセンターに表示したり、現在ロック画面に表示されるライトとカメラボタンをサードパーティ製アプリのコントロールボタンに変更、iPhone 15シリーズから採用されているアクションボタンにアクションを割り当てることが可能になるそうです。

iOS 18の新機能2

アプリを隠す

 iOS 18ではプライバシー機能も強化され、例えば写真を見せたりゲームをプレイする時にiPhoneを他の人に渡すことがありますが、この際に見られたくないアプリにロックを掛け、Face IDやTouch ID、またはパスコードでの認証を要求できるようになるそうです。

 

Lock an app機能

Lock an app機能

 隠したアプリ内に存在する情報は、検索やSpotlight、Siri提案、通知、通話履歴、地図のルートの提案などにも表示されず、さらに、アプリの存在したいを隠したい場合、アプリ自体を隠す事が可能で、隠したアプリはロックされた非表示のアプリフォルダ内に収納されるそうです。

Hide an app機能

Hide an app機能

編集中

コメント

タイトルとURLをコピーしました