Google、Windows/macOSのデスクトップUIからドライブ内のコンテンツの検索をサポートした「Google Drive for Desktop v55.0」をリリース。

スポンサーリンク

 GoogleがWindows/macOSのデスクトップUIからドライブ内のコンテンツの検索をサポートした「Google Drive for Desktop v55.0」をリリースしています。詳細は以下から。

Google Drive for desktop

 Googleは現地時間2022年01月27日、macOS/Windows向けに同社のクラウドストレージサービスGoogle Driveのデスクトップクライアントとなる「Google Drive for Desktop v55.0」アップデートのロールアウトを開始し、同アップデートでGoogle Drive内のコンテンツの検索がデスクトップUIで可能になったと発表しています。

Google Drive for Desktop v55 macOS

Windows and macOS: Users can now search all their Drive content from the Drive for desktop UI

リリースノートより抜粋

 Google Drive Communityによると、Google Drive内のコンテンツの検索は昨年07月以降のアップデートから利用できなくなっていたそうですが、今回のアップデートから再びSpotlightのローカル・インデックス作成が可能になり、Finderの検索結果に表示されるようになっています。

Local indexing with the new Google Drive for Desktop Support

インデックスの再構築が必要で、この機能はGoogle Drive for Desktop v50.0以降が必要です。

 また、Google Drive for Desktop v55.0ではmacOSにカメラが接続された際に、クライアントがカメラを認識しない問題やUSBデバイスがDriveの読み込みをブロックする問題が修正されているそうなので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Google Drive for Desktop v52.0のリリースノート

January 27, 2022 – Bug fix release

Windows and macOS: Version 55.0/p>

  • Windows and macOS: Users can now search all their Drive content from the Drive for desktop UI
  • macOS: Resolved an issue when connecting a camera.
  • Resolved an issue where a USB device can block Drive from loading.
  • Additional bug fixes and performance improvements.
Note: Drive for desktop native search requires version 50 or above.
Ending support for older versions: Support has ended for versions of Drive released more than 12 months ago. Users with Drive for desktop versions 40 through 46 must upgrade to remain supported.