Macのメニューバーにスクリプトの出力を表示してくれる「xbar (旧BitBar)」がBeta版でApple Siliconに対応。

スポンサーリンク

 Macのメニューバーにスクリプトの出力を表示してくれる「xbar(旧BitBar)」がBeta版でApple Siliconに対応しています。詳細は以下から。

xbar

 xbar(旧BitBar)はMachine BoxやPace.devの設立者のMat Ryerさんが2014年からオープンソースで開発しているユーティリティアプリで、MacのメニューバーにShellやRuby, Pythonスクリプトの出力を表示してくれる機能がありますが、このxbarが「xbar v2.1.0-beta」でApple Siliconに対応しています。

xbar v2.1.0b

Universal binary (supports Apple M1)

リリースノートより抜粋

 xbarは今年03月、開発言語を旧BitBarのObjective-CからGoへ移行することが発表されていましたが、先日リリースされたxbar v2.1.0 BetaではIntelとApple Siliconに対応したUniversal 2 Binaryとなったほか、RyerさんのDeveloper IDで署名&公証の取得も行われGatekeeperにブロックされずに起動することが可能になっているので、Apple Silicon Macをお持ちの方は試してみてください。

xbar on Apple Silicon Mac

xbar v2.1.0bのリリースノート

  • Universal binary (supports Apple M1) #727 #701
  • Code-signed and notorized #683 (please use DMG from now on)
  • Fixes memory leaks #731 #725 #714 by @leaanthony (thanks @Etheryte et al)
  • Add ANSI support #665 by @leaanthony