iOS 14.3ではホームスクリーンに設置したアイコンからのショートカットを実行した際にショートカットアプリが開かないようになり、素早く機能を実行することが可能に。

スポンサーリンク

 iOS 14.3ではホームスクリーンに設置してあるアイコンからのショートカットを実行すると、ショートカットアプリが開かずに素早く機能を実行することが可能になっています。詳細は以下から。

Appleショートカットアプリ

 Appleは現地時間2020年12月14日、Apple Fitness+やAirPods Max、iPhone 12 ProシリーズでのApple ProRAW写真の撮影と編集をサポートしたiOS 14.3/iPadOS 14.3 (18C66)」を正式にリリースしましたが、このiOS 14.3/iPadOS 14.3ではホームスクリーンに設置してあるショートカットアイコンからのショートカットの実行が改善されています。

iOS 14.3とiOS 14.2のホームスクリーンショートカットの実行例

iOS 14.3とiOS 14.2のホームスクリーンショートカットの実行例

 AppleのショートカットアプリはiOS 14.2までショートカットの実行アイコンをホームスクリーンに設置し、このアイコンからショートカットを実行すると、1度ショートカットアプリを開いた後に、ショートカットを実行していましたが、iOS 14.3では、ショートカットアプリを開くことなく、ショートカットを実行することが可能になりました。

 これにより、バックグラウンドで動作するショートカットもホームスクリーンのアイコンからショートカットアプリの表示なしにトリガーできるようになったので、ホーム画面にHomeKit対応家電のON/OFFボタンなどを設置している方は試してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    おお、これは素晴らしい改善。