東プレ、Mac再起動時に起動ディスクが選択できない問題などを修正した「REALFORCE for Mac ファームウェア A.012」をリリース。

スポンサーリンク

 東プレ、Mac再起動時に起動ディスクが選択できない問題などを修正した「REALFORCE for Mac ファームウェア A.012」をリリースしています。詳細は以下から。

REALFORCE for Mac

 東プレ株式会社は日本時間2020年03月10日、同社が販売する静電容量無接点方式のキーボード「Realforce」のMac配列版「REALFORCE for Mac」の最新版ファームウェアとなるA0.12をリリースしたと発表しています。

REALFORCE R2 for Mac ファームウェアアップデートのお知らせ(2020.03.10)
ファームウェアバージョン A0.12

  • OptionキーやCommand+Rキーを押しながらMacを再起動した際に起動ディスクの選択が出来ない問題の修正をしました。
  • Winモード切替状態及びMac特殊キーと通常ファンクションキーの切替状態をキーボードに保存できるように修正致しました(キーボードの Fn + F14 キーの押し合わせまたは設定アプリケーションにてキーボードに保存を行った際に保存されます。詳しくは取り扱い説明書をご覧ください)。

ダウンロード & アップデート情報 – REALFORCE

 REALFORCE for Mac用ファームウェアA0.12では、OptionキーやCommand + Rキーを押しながらMacを再起動した際に起動ディスクの選択ができない問題が修正され、英/かなキーを無変換/変換キーのキーコードにハードウェア切り替えできるWin Mode切替の状態とMac特殊キーと通常ファンクションキーの切替の状態をキーボードに保存できるようになっているそうです。

REALFORCE for Mac

ファームウェアのアップデートはMac版REALFORCEソフトウェアの「ファームウェア アップデート」から行えます。

 また、東プレは同時にWindows用REALFORCEソフトウェアv1.20をリリースし、同バージョンでREALFORCE for Macキーボードに対応、Boot Campを利用しMacでWindows OSを動かしてた状態でもWindows上で各種設定が出来るようになったそうなので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

REALFORCE software

ニュースリリースより

ファームウェア・アップデート対応モデル

  • R2-JPVM-BK / AGCM01
  • R2-JPVM-WH / AGCM02
  • R2SA-JP3M-BK / AGCM03
  • R2SA-JP3M-WH / AGCM04
  • R2TL-JPVM-BK / AHCM01
  • R2TL-JPVM-WH / AHCM02
  • R2TL-USVM-BK / AHDM01
  • R2TL-USVM-WH / AHDM02
  • R2TLSA-JP3M-BK / AHCM03
  • R2TLSA-JP3M-WH / AHCM04
  • R2TLSA-US3M-BK / AHDM03
  • R2TLSA-US3M-WH / AHDM04