Apple、iPhoneのお手入れ方法にアルコールなどの消毒液を使用する際の注意事項を追加。

スポンサーリンク

 AppleがiPhoneのお手入れ方法にアルコールなどの消毒液を使用する際の注意事項を追加しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2020年03月09日、iPhoneのお手入れ方法を紹介するサポートページをアップデートし、アルコールなどの消毒液を利用するさいの注意事項を追加しています。

アルコールでiPhoneを消毒

Is it OK to use a disinfectant on my iPhone?
Using a 70 percent isopropyl alcohol wipe or Clorox Disinfecting Wipes, you may gently wipe the exterior surfaces of your iPhone. Don’t use bleach. Avoid getting moisture in any openings, and don’t submerge your iPhone in any cleaning agents.

Cleaning your iPhone – Apple Support

 この注意事項は、新型コロナウィルスによりユーザーからiPhoneのお手入れにアルコール等を使用していいかという問い合わせがあったことから追加されたようで、iPhoneのお手入れに消毒液を利用したい場合は「70%のイソプロピルアルコールを含んだ布、またはクロロックス除菌ワイプ(Clorox Disinfecting Wipes)を利用して、iPhoneの外側の表面をそっと拭き取る」分には問題ないそうですが、漂白剤(ブリーチ)の利用は禁止で、開口部に水分が入り込まないように注意することや、洗剤類の中にiPhoneを浸すといった行為は行わないといった注意事項が追記されているので、iPhoneを掃除される方はチェックしてみてください。

 ちなみに、Clorox Disinfecting Wipesはアメリカでは定番の除菌ウェットティッシュで、米Wall Street JournalのJoanna Sternさんは、この除菌ウェットティッシュで1,000回iPhoneを拭くというテストを行ったそうですが、その後のiPhoneのコーディングに問題はなかったとレポートしています。

スポンサーリンク

追記

 サポートドキュメント「Apple製品のお手入れ方法」にも日本語訳が追加されましたが、その後、英語のサポートドキュメントからは注意事項が消去されたので、Mac Pro (2019)のメモリのアップグレード方法の改定と同じく、Appleのデバイスラボとサポートの間で揉めていると思われるので、今後内容がアップデートされると思われます。

Apple 製品のお手入れ方法

Apple 製品のお手入れに消毒剤を使っても大丈夫ですか?
70%イソプロピルアルコール含有ワイプやクロロックス除菌ワイプ(Clorox Disinfecting Wipes)を使い、Apple製品の通気性のない硬い表面、たとえばディスプレイやキーボードなどの外表面を優しく拭き取る分にはかまいません。漂白剤(ブリーチ)は使わないでください。開口部に湿気や水分が入り込まないようにご注意ください。また、洗剤類の中にApple製品を浸さないでください。布製や革製の表面には使わないでください。

How to clean your Apple products – Apple Support

追記

 AppleがApple WatchとHomePod、およびワイヤレスイヤホンAirPods/ProやEarPoesについても、アルコールなどを利用したお手入れ方法を追加しています。

Cleaning and taking care of HomePod

コメント

  1. 匿名 より:

    ガラス面のコーティングに傷があるとエタノールとかIPAとかがコーティングの隙間に入って行って、傷の周辺が剥がれることもあるから気をつけてね

  2. 匿名 より:

    その肝心の除菌系の製品が店舗に全く並んでねえんだよな。
    メルカリからは一応は排除されてるが
    ヤフオクは相変わらず高額転売、アマゾンや楽天もだめだな。

    • 匿名 より:

      部品の脱脂用に売られてるIPAを希釈すれば、手指の消毒用に使えますよ
      でもIPAの毒性はエタノールよりも高めなので気をつけてね

  3. 匿名 より:

    >Appleのデバイスラボとサポートの間で揉めている

    そんなんあるんかw