Apple/Microsoft、MacでWindowsを利用しアイドル状態から復帰するとBluetoothデバイスが再接続できなくなる不具合を修正。

スポンサーリンク

 AppleおよびMicrosoftはMacでWindowsを利用しアイドル状態から復帰した際、Microsoft製のBluetoothデバイスが再接続できなくなる不具合を修正したそうです。詳細は以下から。

 Appleは現地時間2017年10月02日、BootCampを利用しMacにWindowsをインストールした状態でMac(Windows)がアイドル状態から復帰するとBluetoothデバイスが再接続されなくなる問題があったとしてサポートページを公開しています。

If a Bluetooth device doesn‘t reconnect to your Mac running Windows

To fix this issue, use Windows Update to make sure that your Windows installation has the latest drivers. For more information, see A Bluetooth mouse or keyboard fails to reconnect after being left idle on the Microsoft support site.

If a Bluetooth device doesn't reconnect to your Mac running Windows – Apple Support

 この問題はApple Support Communities[1, 2]などで報告されており、Microsoftは最新のWindows Updateで提供したBluetoothドライバでこの問題を修正したそうですが、アップデート後も問題がある場合はMicrosoftサポートに従い、以下の設定を確認して欲しいと記載されているので、問題に遭われていた方はチェックしてみて下さい。

  • あなたのコンピュータがBluetoothの電波を受信しているか確認する。
  • Windowsの”Allow the computer to turn off this device to save power”オプションがセットされているか確認する。
  • キーボードやマウスがBluetooth 2.0, 2.1, 3.0, 4.0に対応してるか確認する。

コメント

  1. 匿名 より:

    そんなことより、windowsとios機器がusbの電源管理の変更でusb-lightningケーブルを使った接続ができなくなった問題をなんとかしろよ。

    フォーラムで取り上げられておきながらずっと放置じゃん。