現在のAPFSではBootCampでWindowsを起動するために「Startup Manager」を使用する必要があるとして、Appleがサポートページを公開。

スポンサーリンク

 現在のAPFSではBootCampでWindowsを起動するために「Startup Manager」を使用する必要があるとして、Appleがサポートページを公開しています。詳細は以下から。

Appleの新しいファイルシステムAPFS

 Appleは本日公開した「macOS 10.13 High Sierra」で新しいファイルフォーマット「APFS」をサポートし、内蔵SSDのフォーマットを「HFS+」から「APFS」変換しましたが、現在のAPFSではSSD上にあるBootCamp(Windows)とmacOSを切り替える機能に「Startup Manager」が必要になるとしてサポートページを公開しています。

How to switch between Windows and macOS in macOS High Sierra

macOS High Sierra upgrades solid-state drives to Apple File System (APFS). This system currently requires Startup Manager to switch between Windows and macOS. Follow these steps:

How to switch between Windows and macOS in macOS High Sierra – Apple Support

 検証していないので詳細は不明ですが、APFSへ変換されたSSD搭載のMacをWindows(BootCamp)で起動するためにはシステム環境設定の[起動ディスク]パネルのオプションが利用できないと思われ、Appleはこの場合以下の方法で「Startup Manager」を起動し、WindowsとmacOSを切替えて欲しいと記載しているので、BootCampユーザーの方は試してみて下さい。

macOSのStartup Manager

Startup Manager

Startup Managerを利用してOSを切り替える方法

  1. Macを再起動した直後に[Option]キーを押し続ける。
  2. Startup Manager(上図)のウインドウが表示されたら[Option]キーを離す。
  3. macOSかWindowsかどちらかの起動ディスクを選択してから、[Return]キーを押す。
OSを切り替える際はこの手順を繰り返して下さい。

コメント

  1. 匿名 より:

    DP MSTで4kモニタ使ってるユーザー、無事死亡。

  2. 匿名 より:

    そもそもこんな物使ってる人いるの?
    サポート切ってもいいだろ