Apple、Macで一時的に高いCPU使用率を占める「kernel_task」プロセスの挙動を説明したサポートページを公開。

スポンサーリンク

 Appleが一時的に高いCPU使用率を占めるMacの「kernel_task」プロセスについてサポートページを公開しています。詳細は以下から。

activity-monitor-logo-icon

 Appleは現地時間11月18日、Macで一時的に高いCPU使用率を占めるプロセス「kernel_task」についてのサポートページを新たに公開しています。Macユーザーの方は時折Macのファンが高速で回りだした際、アクティビティモニタを確認すると、このkernel_taskプロセスが高いCPU使用率を示している時があると思いますが、

if-kernel_task-is-using-a-large-cpu

Appleが公開したサポートページによると、このkernel_taskプロセスはCPUを激しく使用するプロセスのCPU使用率を下げCPUの温度管理を助ける役割を果たしており、言い換えればkernel_taskはあなたのCPUがとても熱い状態になると反応し、kernel_task自身は温度が高くなるような状態を起こすことは無く、CPU温度が下がればkernel_taskは自動的に活動をへらしていくそうです。

アクティビティモニタで、kernel_task という名前のシステムプロセスが高い CPU 使用率を占めていることが示唆され、その間、ファンが活発に働くという症状が認められる場合があります。

kernel_task は、その機能の 1 つとして、CPU を集中的に使うプロセスの CPU 使用率を下げるというやり方で、温度管理を助けています。つまり、kernel_task は、Mac 本体の温度が高く感じられない場合でも、CPU の温度が上がり過ぎる原因となる状況に対処するプロセスです。それ自体がその状況を引き起こしているわけではありません。CPU の温度が下がれば、kernel_task の活動は自動的に治まります。

kernel_task の Mac CPU の使用率が高い場合 – Apple Support

 kernel_taskはよくSpotlightインデックスの再構築時などに反応し割り込んでくれるため、新しいOS X/macOSがリリースされる度にトレンドになりますが、以上の通りCPUを使用する他のプロセスが終了すると自動的に活動が治まるので、kernel_taskが高いCPU使用率を示した場合は別の原因を探ってみたほうが良さそうです。

 Appleが何故このページを公開したのかは分かりませんが、既に他のサポートページのAppendixとして被リンクされているので、説明を一つにまとめたのかもしれません。

コメント

  1. 匿名 より:

    乳酸みたいなやつだ

  2. 匿名 より:

    >Appleが何故このページを公開したのかは分かりませんが

    シエラになって問い合わせが相当数あったってことじゃないの
    俺のMBPr2012も外部ディスプレイ接続でこの現象が出るようになった
    redditでも皆お手上げ状態
    10.12.2で直ることを願う

  3. 匿名 より:

    CPU使用率高いからコイツを強制終了させよう!とかやっちゃう人が結構いるのかも

  4. 匿名 より:

    初代MBPrに外部ディスプレイ2枚つなぐとカーネル爆走するバグ早く直して

  5. 匿名 より:

    なるほどね。こういうサポート情報は大歓迎。kernel_taskを悪者扱いしてごめんよ。

  6. 匿名 より:

    > Macユーザーの方は時折Macのファンが高速で回りだした際、アクセシビリティモニタを確認すると、

    アクティビティモニタ

    • applech2 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      先程修正したので、もうしばらくしてから反映されると思います。

  7. 匿名 より:

    MBPro2013Late + Dell 27inch + PHILIPS 23inch
    El Capitan
    です。
    グラフィックボード周辺を冷やすのが得策でしょうか。
    これから暑くなりますもんね。
    「初代MBPrに外部ディスプレイ2枚つなぐとカーネル爆走するバグ」は
    機種依存なのでしょうか。