Adobe、QuickTime for Windowsへの依存を一部解消した「After Effects CC」などをリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 AdobeがQuickTime for Windowsへの依存を一部解消した「After Effects CC 2015.3 (13.8.1)」をリリースしています。詳細は以下から。

Adobe-After-Effects-logo-icon

 Adobeは現地時間2016年8月3日、After Effects CC 2015.3 (13.8.1)をリリースしましたが、このアップデートではAppleが今年4月にサポートを終了した「QuickTime for Windows」への依存が一部解消しているそです。

This update also introduces native import and export support for the QuickTime Animation codec, and native import support for the PNG video codec and AAC audio codec inside of QuickTime files. This means you no longer need QuickTime installed on Windows in order to use QuickTime files with the Animation, PNG, or AAC codecs, part of our ongoing effort to provide native support for as many codecs as possible.

After Effects CC 2015.3 (13.8.1) Bug-Fix Update Is Now Available

 今回のアップデートではQuickTime Animation/PNG/AACコーデックをネイティブサポートすることで、以下のCCアプリでQuickTime for Windowsに依存せず、同コーデックを使用したファイルをインポート/エクスポートすることが可能となっているそうです。

  • About native import and export of Animation codec QuickTime files
    ▶After Effects CC 2015.3 (13.8.1), Premiere Pro CC 2015.4 (10.4), Adobe Media Encoder CC 2015.4 (10.4), Audition CC 2015.2 (9.2.1)およびPrelude CC 2015.4 (5.0.1)でAnimationコーデックを使用したQuickTimeファイルのインポート&エクスポートをサポート。

  • About native import of PNG codec QuickTime files
    ▶ After Effects CC 2015.3 (13.8.1), Premiere Pro CC 2015.4 (10.4)およびAdobe Media Encoder CC 2015.4 (10.4)でPNGコーデックを使用したQuickTimeファイルのインポートをサポート。(macOSのAdobe QT32 Serverコンポーネントにも依存しない)

  • About native import of AAC audio codec QuickTime files
    ▶After Effects CC 2015.3 (13.8.1), Premiere Pro CC 2015.4 (10.4), Adobe Media Encoder CC 2015.4 (10.4), Audition CC 2015.2 (9.2.1)およびPrelude CC 2015.4 (5.0.1)でAACコーデックを使用したQuickTimeファイルのインポートをサポート。(macOSのAdobe QT32 Serverコンポーネントにも依存しない)

 これらのバージョンでは不具合修正や既存の不具合があるそうなので、ユーザーの方はAdobeのリリースノートを確認してみてください。