HaskellのMac用IDE「Haskell for Mac」がアップデートし、PlaygroundでのHTMLプレビュー機能をサポート。

スポンサーリンク

 HaskellのMac用IDEとなる「Haskell for Mac」がv1.2.1へアップデートしPlaygroundでのHTMLプレビュー機能をサポートしています。詳細は以下から。

Haskell-for-Mac-Hero-logo-icon

 Haskell for MacはオーストラリアのManuel Chakravartyさんが開発&販売しているHaskellのMac用IDEですが、このIDEがv1.2.1へアップデートし「HTML in playgrounds」などの新機能を追加しています。

バージョン 1.2.1 の新機能
Here are the top three improvements in Version 1.2:
1. HTML in playgrounds includes pre-viewing HTML datatypes together with interactive web views with JavaScript support.
2. Data buckets provide an I/O workspace for your Haskell code in the sandboxed playground environment.
3. Upgrade to GHC 7.10.3 and LTS Haskell 5.9
We also added a new “Complete” menu item in the “Edit” menu for those who like to bind identifier completion to a different keyboard shortcut. We hope you enjoy this new version!

Haskell — Functional Programming Lab を Mac App Store で

スポンサーリンク

HTML in Playground

 Haskell for Mac v1.2.xではPlayground領域でのHTMLプレビュー機能がサポートされており、Text.Blaze.Html.RendererでJavaScriptを含むHTMLをPlayground領域に表示することが可能になっています。

Haskell-for-Mac-HTML-in-Playground-1

The most exciting new feature in this version is support for preview of HTML documents in playrgounds and fully fldged web views including JavaScript support in playground popovers for HTML documents. The currently supported HTML packages are blaze-html, xhtml & lucid. To see this new functionality in action, see the new ”HTML” sample project.

News

*この機能が利用されているサンプルプロジェクト「HTML」がWelcomeウィンドウに追加されています。

Haskell-for-Mac-HTML-in-Playground-2

 また、v1.2.xではこの他にもPlaygroundからデータのI/Oが可能(Data Bucketタブがメニューバーに追加されています)になった他、コンパイラおよびライブラリがそれぞれGHC 7.10.3、LTS Haskell 5.9へアップデートされているので、ユーザーの方は確認してみてください。

Haskell-for-Mac-GHC-LTS-v

Haskell for Mac 2,400円