Mac用 Haskell IDE「Haskell for Mac」がv1.1へアップデート。GHC & LTS Haskellがバージョンアップされ、Command Line Toolsのパッケージも提供。

スポンサーリンク

 関数型プログラミング言語 HaskellのMac用IDE「Haskell for Mac」がv1.1へアップデートしています。詳細は以下から。

Haskell-for-Mac-Hero

スポンサーリンク

Haskell for Mac v1.1

 先週の予告通り、Haskell for Macがv1.1へアップデートされています。v1.1ではエディタ機能がアップデートされた他、コンパイラおよびライブラリが GHC 7.10.2、LTS Haskell 3.16へアップデートされており、

Haskell-for-Mac-v110-update

Version 1.1 brings three new and exciting features:
1. Identifier completion: in the module editor and playground, after typing the prefix of an identifier (function, constructor, or variable name) the ESC key brings up a list of possible completions drawn from imported and locally defined names.
2. Upgraded internals: GHC 7.10.2 & LTS Haskell 3.16 bring new language and library capabilities, such as partial type signatures and Diagrams 1.3.
3. Extensible package database: choose from other packages of LTS Haskell 3.16 or your own library packages.

Haskell — Functional Programming Lab を Mac App Store で

 また、よりHaskellを簡単に導入出来るよう、ghc, ghci & cabalなどパッケージ化した「Haskell Command Line Tools」が提供され、Haskell for Macの[Preferences] > [Command Line]からダウンロードしインストールする事が可能になっています。

Haskell-Command-Line-Tools

For your programming pleasure, we also added a ’frame’ & ’calculateAccumulatedFrame’ function to SpriteKit, improved the result layout, support the use of the Haskell stack tool as well as other command line tools, and fixed a fair number of bugs.

Haskell — Functional Programming Lab を Mac App Store で

 さらにv1.1ではSpriteKitの”frame”と”calculateAccumulatedFrame”がサポートされているそうなので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

Haskell for Mac 2,400円 → 1,800円