rsyncのオプション設定から実行までをGUIで行えるMac用rsyncクライアント「RsyncGUI」がリリース。

スポンサーリンク

Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/applech2/applech2.com/) in /home/applech2/applech2.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 416

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/applech2/applech2.com/) in /home/applech2/applech2.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 441

 rsyncの設定から実行までをGUIで行えるMac用rsyncクライアント「aRsyncGUI」がリリースされています。詳細は以下から。

aRysncGUI-Hero-logo-icon

 aRsyncGUIはノルウェーのThomas EvensenさんがSwift 2の学習のために開発&公開したrsyncクライアントで、rsyncのオプション設定から実行までをGUIで行うことが出来ます。

aRsyncGUI-start-window

This blog is about a utility, aRsyncGUI, which I have coded in Swift 2 mostly to learn the basics of programming in Swift 2.x and Xcode. aRsyncGUI is depended upon rsync command-line tool and ssh, for remote backups and restore. aRsyncGUI is an OS X utility for Apple OS X El Capitan.

aRsyncGUI: aRsyncGUI

 アプリを起動すると[Run][Edit][New]の3つがあるメインメニューが表示されるので、まずは[New]を選択しrsyncのオプションやコピー元/コピー先、リモートサーバー(ローカルも可能)などを設定。設定できたら右上の[+]ボタンを押しタスクを追加し🏠マークからメインメニューに戻ります。

aRsyncGUI-setting-window

 メインメニューに戻ったら[Run]メニューから実行画面に移り、実行したいタスクのチェックボックスをONにして実行ボタン「▶」を押すとrsyncが始まります。(estimateのチェックボックスをONにすると”dry-run”になります)

aRsyncGUI-run-window

Before single task is executed a “dryrun” is runned (checkbox estimate). By a “dryrun” number of files are counted and the user can also verify which files are either copied or restored before the actual task is executed.

aRsyncGUI: aRsyncGUI

 RsyncGUIはMac App Store版のaRsyncGUIとMacUpdate版のRsycnOSXバージョンが有り、後者は頻繁にアップデートが行われていますが、どちらも無料で利用できるので興味のある方は利用してみてください。

aRsyncGUI 無料

The app was not found in the store. 🙁

関連リンク

コメント

  1. 匿名 より:

    何か似たようなもの持ってたなあと思ったらこれだった。
    arRsync.app
    sourceforge.net/projects/arrsync/

    • 匿名 より:

      MacUpdateでの配布は2006年に止めてそれ以降はOSSに切り替えたみたいだね。それでもLastUpdateが2013年てことはrsync使う層にはあまりGUIの需要ないのかな?