macOS 10.12 SierraのTime Machineではバックアップの自動作成表記が変更に。

スポンサーリンク

 macOS 10.12 SierraのTime Machineではバックアップの自動作成表記が変更されています。詳細は以下から。

time-machine-256-logo-icon

 Time MachineはOS X/macOSのバックアップを作成し、緊急時にファイルを復元できる機能ですが、macOS 10.12 SierraではこのTime Machineの「入り・切り」デザインがEl Capitanのスイッチからチェックボックスに変更されています。

macos-10-12-sierra-time-machine-window

設定を変更できないようにするロック(カギ)機能は管理者で他のユーザーがある場合出現します。

 Time Machineの機能的には変更はなく、今まで通り「☑バックアップを自動作成」ならば1時間間隔で、それ以外はメニューバーアイコンからマニュアルでバックアップを作成することが可能となっていますが、

macos-10-12-sierra-time-machine-unlock-2

このデザインはSierraで新しく追加されたSiriパネルに合わせたものとなっているので、Sierraにアップグレードされた方は確認してみてください。

macos-10-12-sierra-siri-panel