macOS 10.12 Sierraで音声アシスタント「Siri」を有効にする方法。

スポンサーリンク

 macOS 10.12 Sierraで音声アシスタント「Siri」を有効にする方法です。詳細は以下から。

Siri-for-Mac-logo-icon

 SierraではiOSの音声アシスタント「Siri」がmacOSへ移植され、iOS以上の事をSiriを通して行うことが可能になっていますが、AppleはSiriをmacOSへ移植するに伴い、システム環境設定に「Siri」パネルを追加しています。

macos-sierra-siri-preference-1

 Siriが利用できない場合はまずこのパネルで「☑Siriを有効にする」をONにし、好みに応じて以下の設定を変更する事が可能です。

  • 言語およびSiriの声
    ▶Siriを利用する言語と声
  • 音声フィードバックの入/切
    ▶音声による返答の有無、切りにするとテキストのみ表示されます
  • マイク入力
    ▶MacBookの内蔵マイクやBluetoothヘッドセットのマイクなどを切替
  • ショートカットキー
    ▶Siriを起動するショートカットキー

設定が終われば、以下の様な用途にSiriを利用することが可能となっているので、試してみてください。

macos-sierra-siri-preference-2