macOS SierraではUS RoboticsなどのUSB Faxモデムが利用できない状態に。

スポンサーリンク

 macOS SierraではUS RoboticsなどのUSB Faxモデムが利用できない状態になっているそうです。詳細は以下から。

macos-usb-fax-mode-logo-icon

 AppleはmacOS SierraでPPTPによるVPN接続やHFSフォーマット、QuickTime APIなどのサポートを終了していますが、SierraではUSB Faxモデムのサポートも廃止されているそうです。

fax-modem-support-removed-on-sierra

In Sierra, however, USRobotics support has confirmed that Apple removed even the capability to add a fax modem with external drivers to the Printers & Scanners preference pane.

Lost in Sierra: Five Missing Features

 Apple Support CommunitiesやAmazonのユーザーによると、LinuxでもサポートされMacユーザーにも愛用者の多い「USR5637 56K」などのUSB接続のFaxモデムがSierraにアップグレード後できなくなっているそうで、開発元の米US Roboticsもこれを確認しているそうで、

usrobotics-usb-fax-modem

TidBitsが調べたしたところによると、AppleはMac OS X 10.7 LionでUSB Faxモデムのサポートを終了したものの、OS X 10.11 El Capitanまではメーカーの独自ドライバを利用することでシステム環境設定の「プリンタとスキャナ」項目からUSB Faxモデムを利用できるようにしていたそうですが、Sierraでは独自ドライバのあるFaxモデムでさえ追加できなくなっているそうです。

代理策

 TidBitsのメンバーはSierraでUSB Faxモデムを利用する方法としてParallels DekstopやVMware Fusion, VirtualBoxなどで仮想マシンを使う方法や、Sierraにも対応した多機能プリンタのFax機能を使う方法などの代理策を上げており、

  • /usr/bin/fax
  • /usr/bin/efax
  • /usr/bin/efix
  • /usr/share/man/man1/fax.1
  • /usr/share/man/man1/efax.1
  • /usr/share/man/man1/efix.1
  • /System/Library/Coreservices/Menu\ extras/Fax.menu

また、Sierraで削除されたFax関係のバイナリをEl Capitanから持ってくることで利用できたと報告もあるそうなので、SierraでどうしてもUSB Faxモデムを使いたい方は参考にしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    黙って廃止されるのは気持ちいいものじゃないね