macOS Sierraの「Audio MIDI設定」アプリはiOSデバイスをMacの入力オーディオ装置として設定し録音などをする事が可能に。

スポンサーリンク

 macOS Sierraの「Audio MIDI設定」アプリは、iOSデバイスをMacの入力オーディオ装置として設定することが可能になっています。詳細は以下から。

audio-midi-logo-icon

 AppleはmacOS Sierraでコンソールアプリをアップデートし、iPhoneやApple Watchのログを取ることが可能になっていますが、SierraではAudio MIDI設定アプリもiOSデバイスに対応しています。

audio-midi-support-iphone-rec

iOSデバイスをデバイス間オーディオモードにするには、”有効にする”ボタンを押してください。
Macの入力オーディオ装置としてデバイスが表示されます。これにより、Lightning – USBケーブル接続でiOSデバイスからデジタルオーディオを録音できます。

使い方

 使い方は、Sierra搭載のMacにLightningケーブルでiOSデバイスを接続し、Audio MIDI設定アプリを起動、その後iOSデバイス[有効にする]ボタンを有効にするだけで、

audio-midi-support-ios-audio

その後はiOSデバイスのマイクが入力オーディオソースとして認識さるので、3.5mオーディオ出力が廃止されたiPhone 7や、マイク入力のないMacBookなどでもiOSデバイスの音声やDTMアプリで作成した録音したり、音声を配信することが可能になっているので、興味のある方は試してみてください。

iphone7-dtm-app-and-macbook

QuickTime PlayerではEl CapitanからiOSデバイスのオーディオを録音することが可能になっています。