MacBook Air/Pro Early 2015で採用されたPCIe 3.0 x4レーンのSSD容量別 Blackmagic Disk Speed Testスコアまとめ。

スポンサーリンク

 PCIe 3.0×4レーン SSDを採用したMacBook Air/Pro Early 2015のレビューが次々と出てきており、知りたかったSSD容量別のベンチマークスコアも出揃ったようなのでまとめました。詳細は以下から。

PCIe3x4-SSD-MacBook

 SSDはコントローラーが扱えるNANDフラッシュメモリーの数が多いほど書き込みが分散され高速に処理できることから、一般的に容量が大きいほど書き込みの速度(MB/s)が速いことが知られていますが、Macで採用されているPCIeベースのSSDも同様で、2013年にPCIe SSDが採用されたMacBook Airでも以下の様な結果が出ていました。(メーカーによっても違いが出ます)

MacBook Air Mid 2013 SSD容量別ベンチマークまとめ

ベンチマークスコア

 PCIe 3.0 x4レーンにアップグレードされたSM951ベースのSSD(SM0xxxGという型番が付けられているようです)は現在デスクトップ&ラップトップMacのラインナップの中でも最速となっており、多くのレビューでベンチマークスコアが注目され、複数のBlackmagic Disk Speed Test の結果が出てきたので、それらを参照に平均値を出してみました。

Write(MB/s) Read(MB/s) Ref
128GB
(SM0128G)
638.6 1268.2 1, 2, 3
256GB
(SM0256G)
1197.5 1295.0 1, 2
512GB
(SM0512G)
1421.9 1326.7 1, 2, 3, 4

 以上の結果をまとめると以下の通り、Read値についてはどの容量のSSDも1GB/s(1.2~1.3GB/s)以上のスコアを叩き出し、単体でLaCieなどのSSD RAID0ストレージ クラスの速度がでています。

Blackmagic-Disk-Speed-Test-of-PCIe3x4-SSD-v2

 Write値については容量256GB(SM0256G)が128GB(SM0128G)の約1.9倍の速度が出ており、512GBと比較すると約2.2倍の速度が出ているのが分かります。

Blackmagic-Disk-Speed-Test-of-PCIe3x4-SSD-Write-v2

 以上Referenceに全てMacBook Pro (Retina, Early 2015)のデータを使用しましたが、iFixitの分解レポートによればMacBook Air (Early 2015)とMacBook Pro (Retina, Early 2015)は同じSSDを採用している様なので、購入の際の参考程度にどうぞ。

MacBook-Pro-Retina-Early2015-SSD-Capacity

関連リンク