WebKitの「Service Workers」のステータスが「開発中」に。

スポンサーリンク

 WebKitの「Service Workers」のステータスが「In Development(開発中)」になり、話題になっています。詳細は以下から。

 GoogleのMaxim Salnikovさんらによると、現地時間2017年08月02日付けでWebKitに大量のパッチが当てられ、「Service Workers」のステータスが”Under Consideration”から”In Development”に変更されたそうです。

"name": "Service Workers",
       "status": {
-            "status": "Under Consideration"
+            "status": "In Development"
         },
-        "url": "http://www.w3.org/TR/2015/WD-service-workers-20150625/",
+        "url": "https://w3c.github.io/ServiceWorker/",
+        "webkit-url": "https://webkit.org/b/174541",

 Service Workers(ServiceWorker API)はブラウザがWebページとは別にバックグラウンドで実行するスクリプトで、セキュリティ的に問題のあったAppCacheに代わり既にFirefoxやChrome, Operaなどが対応していますが、WebKit(Safari)は次期macOS 10.13やiOS 11に搭載されるSafari 11でもサポートの発表はされていませんでした。

Service Workers APIサポートブラウザ

 現在のところWebKitの公式サイトのステータスは現在も”Under Consideration”となっているので、WebRTC同様Safariでの正式サポートまでにはもう少し時間がかかると思われますが、先行してSafari Technology Previewなどで利用できると思われるので、Web関係の方はチェックしてみて下さい。

コメント

  1. 匿名 より:

    先ほどWebKitの公式ステータスもIn Development になりましたよ!