AppleのVR&3Dアプリ開発用キット「External Graphics Development Kit」のハンズオン動画が公開。

スポンサーリンク

 AppleのVR&3Dアプリ開発用キット「External Graphics Development Kit」のハンズオン動画が公開されています。詳細は以下から。

Apple eGPUのアイコン。

 AppleはWWDC 2017でVR開発向けにMacBook ProなどにThunderbolt 3経由でAMD Radeon RX 580を接続できる開発者向けキット「External Graphics Development Kit(以下eGPU Kit)」を発売しましたが、既に初回販売分のKitが開発者向けに届いており、そのハンズオン動画をAaron Zolloさんが公開しています。

Apple announced support for external graphics cards in their 2017 WWDC keynote coming to Mac OS High Sierra which comes out in the fall. I unbox it, set it up and run a few tests.

YouTubeより

 eGPU KitにはグラフィックスカードはSAPPHIRE製「PULSE Radeon RX 580」のバルク品を始め、7月出荷予定のSonnet「eGFX Breakaway Box」 eGPU Boxなど以下の製品が同梱されており、

メーカー Kitに含まれている製品 価格 備考
Belkin USB 3.0 4 Port Hub + USB-C Cable 89.99ドル VRヘッドセットを
接続するための
USB-C to USB-Aハブ
SAPPHIRE PULSE Radeon RX 580 8GD5 229.99ドル SP数2304, DVI-Dx1,
HDMIx2, DisplayPort 1.4×2
SONNET eGFX Breakaway Box 299ドル 350Wタイプ
合計 618.98ドル

Appleはこの他にHTCの「Vive VRヘッドセット」の100ドルクーポンを付け開発者向けに599ドル(日本では税込み97,200円)で販売しているので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみて下さい。

External Graphics Development Kitの日本での価格。

コメント

  1. 匿名 より:

    日本では税込み97,200円

    ( ゚д゚)

  2. 匿名 より:

    MacBook ProにでっかいeGPUが繋がってるのを見るたびに情けない気持ちになりますよ……