Apple、macOS High Sierraを32bitアプリをフルサポートする最後のOSにし、2018年1月よりMacAppStoreで公開するアプリは64bitサポートを必須に。

スポンサーリンク

 AppleはmacOS High Sierraを32-bitアプリをフルサポートする最後のmacOSにし、2018年1月よりMac App Storeで公開するアプリは64-bitサポートを必須にする方針を発表したそうです。詳細は以下から。

macOS 10.13 High Sierraのアイコン。

 Appleは昨日よりWWDC 2017をマッケナリー・コンベンションセンターで開催していますが、この中でAppleは今年秋にリリース予定のmacOS「macOS 10.13 High Sierra」について、同バージョンを32-bitアプリをフルサポートする最後のOSにする方針を示したそうです。

High Siera will be the last macOS release to support 32-bit apps without compromises

移行スケジュール

 9to5Macや複数の開発者のレポートによると、Appleは2017年秋にリリースを予定しているHigh Sierraを32-bitアプリをサポートする最後のOSにし、2018年1月からMac App Storeに登録する新しいアプリの64-bit化を必須に、2018年6月以降はアップデートにもこれを適用するという条件を開発者に示したそうで、

High Siera will be the last macOS release to support 32-bit apps without compromises

For the Mac, Apple told developers that macOS High Sierra would be the last version of its desktop operating system to support 32-bit apps ‘without compromises’.
Starting in January 2018, all new apps submitted to the Mac App Store must support 64-bit. From June 2018, the same requirement applies to new apps and updates. This marks the start of a transition where in a few years, 32-bit Mac apps will no longer be supported and won’t run.

32-bit apps will not launch on iOS 11, Mac App Store transition to 64-bit from 2018 – 9to5Mac

AppleはiOS 11で32-bitデバイスおよびアプリのサポートについても終了する方針を出していますが、macOS/OS XはiOSより歴史が長く多くの野良アプリが存在するため、まずはMac App Storeで公開されているアプリを64-bitへ移行し、完全に32-bittアプリのサポートを終了するのは2~3年後になるのではないかという予想も出ていますが、

現在のところWWDCのセッションの中で示されたタイムラインは以下の様になっているようです。また、現在利用しているアプリに32-bitアプリがあるかどうかはアクティビティモニタの[CPU]タブ → [種類]から確認できるので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

アクティビティモニタで32bitアプリを確認。

タイムライン(予定)

  • 2017年秋:macOS 10.13 High Sierraリリース
  • 2018年1月:Mac App Storeで公開する新しいアプリは64-bitを必須に
  • 2018年6月:Mac App Storeで公開する全てのアプリ&アップデートは64-bitを必須に
  • 2018/2019年秋:macOS 10.14/10.15で32-bitアプリのサポートを終了?

 セッションが公開されたのでリンクを追加しました。*セッションの様子は後ほどWWDC 2017のWebサイト及びアプリで公開されるようですので、開発者の方はそちらもチェックしてみて下さい。

Mac App Storeで32bitアプリを廃止

コメント

  1. 匿名 より:

    iOSはAppleが完全に管理してるけどMacのアプリは厳しいんじゃない?
    またロゼッタみたいな機能が発表されると思う…

  2. 匿名 より:

    順当だな。
    長らくあとはいつ切れるかだけの問題だったから、正式にアナウンスされて何よりだ。

  3. 匿名 より:

    iOSと同じくあくまでAppStoreへの登録時のみ制限するパターンでないと大バッシング起きるんじゃないのか?
    OSコントロールがまだ出来る企業ならまだしも、今ではもう開発者が消えた野良アプリを愛用してる個人ユーザーを敵に回しかねないよね。

    • 匿名 より:

      10年ほど前、MacがIntelプロセッサになる前のPowerPC時代のアプリも同じように一定期間後容赦なく最新OSでの動作サポート切られましたし…残念ながら同じようにあっさり動かなくなってしまうんじゃないかなぁ…と…

  4. 匿名 より:

    > 現在利用しているアプリに32-bitアプリがあるかどうかは
    > アクティビティモニタの[CPU]タブ → [種類]から確認できるので、
    > 興味のある方はチェックしてみて下さい。

    macOS Sierra 10.12.5利用しているけど、
    アクティビティモニタの[CPU]タブではなくて、
    [ディスク]タブに表示されるのは何か設定が違うのかな。
    クリーンインストールしてないから?
    ちなみに、アクティビティモニタのバージョンは10.12 (968)

    • applech2 より:

      確認したところ、デフォルト(クリーンインストール)状態では[CPU]タブに[種類]は表示されず、アクティビティモニタメニューの[表示]から[種類]を追加しなければ表示されない状態になっていました、あとで修正しておきます。
      ご指摘ありがとうございます。

  5. 匿名 より:

    ESETが未だに32ビットなんだよな・・・
    Store配信じゃないけど。

  6. 匿名 より:

    カーネルはMountain Lionから64ビットオンリーになったからな。
    5年前から兆候はあったわけで・・・

  7. 匿名 より:

    ゲーム系がキツい。
    直近のゲーム以外、64bit版なんかリリースするわけない。

  8. 匿名 より:

    「フル」じゃないサポートがどの程度のものなのかが問題だな。
    新しい機能が追加されないという程度なのか。
    主要なフレームワークまで含めてばっさりと切ってくるのか…