Apple、iOS 10.3アップデート後、無効だったiCloudサービスの設定が有効になっている可能性があるとしてユーザーに通知。

スポンサーリンク

 Apple、iOS 10.3アップデート後、無効だったiCloudサービスの設定が有効になっている可能性があるとしてユーザーに通知しています。詳細は以下から。


 Appleは2017年03月27日、APFSやAirPodsを探す機能などを搭載した「iOS 10.3」アップデートを公開しましたが、このアップデート後に無効にしていたiCloudの一部機能が有効になっている場合がるとして一部ユーザーに通知しています。

Hogehoge様

最近のiOS 10.3ソフトウェアアップデートに、少数のiCloudユーザに影響を与える問題が見つかりました。無効にしていたiCloudサービスの設定が、アップデート後に有効になってしまう可能性があります。

iOSデバイスのiCloud設定にアクセスして、希望されるサービスのみが有効になっていることをご確認ください。
iCloud設定の管理方法についての詳細、またはAppleCareへのお問い合わせはこちらを参照ください。
今後ともよろしくお願い致します。
iCloudチーム

メーリングリストより

 AppleのiCloudチームから送られてきたメールは以上の通りで、もし、何らかのサービスが有効になってしまった場合はこちらの手順通り、設定アプリの[ユーザー名] → [iCloud]から必要なサービスのみを有効にするように求めているので、ユーザーの方は確認してみてください。

追記

 MacRumorsによると、この不具合はiOS 10.3.1アップデートでは修正されており、iCloudフォトライブラリとiPhoneを探す機能は影響を受けていないそうです。

Update: According to Apple, iCloud Photo Library, iCloud Keychain, and Find My iPhone were not affected by the issue. The bug has been fixed in the iOS 10.3.1 update, so those who have not yet updated to iOS 10.3 but choose to update to iOS 10.3.1 will not be impacted by the bug. Apple has not shared how many users were affected by the bug but says not everyone who updated to iOS 10.3 will experience it.

Apple Warns iCloud Users Some Disabled Services Were Accidentally Re-enabled in iOS 10.3 – Mac Rumors