Mac用写真編集アプリ「Affinity Photo」が新しいMacBook ProのTouch Barに対応。Windows版も正式にリリース。

スポンサーリンク

 Mac用写真編集アプリ「Affinity Photo」が新しいMacBook ProのTouch Barに対応し、Windows版が正式にリリースされています。詳細は以下から。

Affinity-Photo-logo-icon

Mac版

 英Serif Labsは現地時間12月08日、Mac App Store Awardなどを受賞しPhotoshopの代行アプリとして人気のMac用写真編集アプリ「Affinity Photo」をv1.5へアップデートし、新しいMacBook ProのTouch Barなどをサポートしたと発表しています。

affinity-photo-v-1-5-support-touch-bar

 Affinity Photo v1.5でサポートされたTouch Barからはカラーバランスの調整やツールバーに表示されている機能の選択が可能になっており、Touch Bar以外にもHDR結合や複数の画像からの焦点合成、写真アプリ用の機能拡張、よりスムーズなバッチ処理に、より高速なワークフローなどの新機能が追加されています。

バージョン 1.5.0 の新機能
その他の機能

  • 新しいMacBook ProのTouch Barに対応
  • フォーカス結合により、多数の画像を別フォーカスで重ねて複雑な合成画像を作成可能
  • HDR結合により、多数のブラケット露光画像から深い無制限の32ビット画像を作成
  • HDR画像とLDR画像の両方に対応したトーンマッピングペルソナ
  • マクロにより、アクションの記録、保存、再生が可能。便利なギャラリーに保存することも可能
  • 大量のファイルのキューと処理を一括で処理
  • ライブ投影により、正距円筒投影(360度パノラマ)や遠近投影など、や画像を異なる空間で編集可能
  • RAW現像ペルソナの機能強化
  • テキストスタイル
  • モノクロ、カラー、円形、および線形のハーフトーンをサポートするハーフトーンフィルタ
  • 数式歪みフィルタにより、カスタムの空間フィルタを作成可能
  • ダスト&スクラッチフィルタ
  • “Affinity Photoで編集”写真エクステンション
  • 新しいカラーピッカーツール
  • 複数のドキュメントをまたがって操作できる、クローン/修復ブラシ用の新しいクローンソースパネル
  • マルチモニターカラープロファイルのサポート

チャンネルあたり32ビットカラー

  • 新しい32ビットRGB編集モード
  • 32ビットの無制限画像の完全な複合と編集に新たに対応
  • RAWファイルから32ビットドキュメントへの直接の現像に新たに対応。すべてのハイライトとシャドウが保持され、いつでも復元が可能に
  • エンドツーエンドのOCIOカラーワークフローに新たに対応

ファイル形式の追加サポート

  • マルチレイヤのEXRファイルを含むOpenEXRのアルファ関連付けとプリマルチプリケーションを制御
  • HDR(Radiance、RGBE)
  • 32ビットのTIFFインポートおよびエクスポート
  • レイヤ付きTIFFの相互運用
  • ダイレクトPSD書き戻し
  • 70以上のRAWカメラ形式を新たにサポート

Windows版

 また、Serif LabsはMac版をv1.5へとアップデートすると同時に、既にBeta版を配布していた「Affinity Photo for Windows」を正式にリリースしたと発表しています。

 Affinity Photo for WindowsはSerif Labsの公式サイトから購入可能で、現在はリリース記念に伴い通常価格6,000円のAffinity Photo for MacとWindowsを20%OFFの4,800円で販売しているので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください。

affinity-photo-for-mac-and-windows

コメント

  1. 匿名 より:

    そしていつの日にか「今後の更新はWindows版を優先します」とアナウンス。

  2. 匿名 より:

    iPad版はどうなってるんだろうか。

  3. 匿名 より:

    iPad版はDesignerとPhotoのどちらも2017年にリリースされる予定だよ