Apple、iCloudカレンダーの参加/出席依頼機能を利用したスパム業者を特定しブロックへ。

スポンサーリンク

 Appleが今後iCloudカレンダーの参加/出席依頼機能を利用したスパム業者を特定し、その業者のアカウントをブロックすると発表したそうです。詳細は以下から。

apple-calander-logo-icon

 iMoreによると、Appleはここ最近、多くのiCloudユーザーがカレンダーアプリに「参加/出席依頼」機能を利用したスパムを受けていることについてユーザーに謝罪するとともに、今後はこれらのスパム業者を特定しブロックするという方針を発表したそうです。

We are sorry that some of our users are receiving spam calendar invitations. We are actively working to address this issue by identifying and blocking suspicious senders and spam in the invites being sent.

Apple working on a fix for iCloud Calendar spam invites – iMore

 この対応がいつから行われるかは明記されていませんが、参加依頼機能をメールでの受信に切り替えることで、直接カレンダーアプリに通知が行くことを防ぐ事が可能で、加えて、スパム用カレンダーを作成しスパムを一括で削除することでスパムの削除を簡単化出来るそうなので、スパム依頼が届いている方はAppleが対策を講じるまで利用してみてください。

how-to-icloud-spam-block

  1. iCloud.comへアクセスする
  2. Apple IDとパスワードを入力しログイン
  3. カレンダーアプリをクリック
  4. 左下にある設定ボタンをクリックし[環境設定]へ移動
  5. 設定画面の[詳細設定]タブをクリック
  6. 参加依頼項目で「イベント参加依頼の受信法」にある[☑メールアドレスへメールを送信]をチェック
  7. [保存]を選択し終了

コメント

  1. 匿名 より:

    うちにもこの手のスパムが来たことがある。
    差出人のメールアドレスが小売業者的だったので無視したよ……