Macのスリープを抑制出来るユーティリティアプリ「Amphetamine」がv3.0へアップデートしスケジューリング機能を追加。

スポンサーリンク

 Macのスリープを抑制出来るユーティリティアプリ「Amphetamine」がv3.0へアップデートしスケジューリング機能を追加しています。詳細は以下から。

amphetamine-logo-icon

 2000年に公開された老舗アプリ「Caffeine」が2010年に開発を停止して以降、同様の機能を持ったKeeping You AwakeCocaなど様々なクローンアプリが登場していますが、このクローンアプリの1つ「Amphetamine」が新たにv3.0へアップデートしています。

amphetamine-macbook-pro

バージョン 3.0 の新機能

  • Set up an infinite number of Triggers, each with its own set of conditions
  • Expanded schedule options for Triggers
  • Trigger sessions and “single-use” sessions now operate independently
  • New icons and sounds
  • Hide/show icon in Dock
  • Complete rewrite of application
  • A bunch of little things you probably won’t notice

Note: Amphetamine³ drops support for OS X 10.6 Snow Leopard and 10.7 Lion (sorry!) and now requires 10.8 Mountain Lion or higher.

Amphetamine

 Amphetamineは元Appleのジーニアスで、現在は米ハーバード大学のシステム管理者として働いているWilliam Gustafsonさんが開発しているMacのSleep/Awakeを管理できるアプリですが、v3.0では新たに[Triggers]機能が強化され、以下の様なスケジュールや場合分けが可能になっています。

  • 指定したSSDやネットワーク名のWiFiに接続されている場合
  • 指定のアプリが起動している場合
  • 決まった時間・曜日の場合
  • MacBookのバッテリーがxx%以上の場合に適用する

amphetamine-v3-triggers

 AmphetamieはMacAppStoreで公開されており、無料で全ての利用可能ですが、v3.0からMac OS X 10.6 Snow LeopardやMac OS X 10.7 Lionがサポート対象外となったので、ユーザーの方は注意して下さい。

Amphetamie 3 無料

Amphetamine
Developer: デベロッパ:William Gustafson
Price: Free

コメント

  1. 匿名 より:

    MacBookの場テリーになってますよ。

  2. 匿名 より:

    場テリー