FaceTimeのビデオ通話時に表示される自分の顔を隠してくれるMac用ユーティリティアプリ「HideMyFaceTime」がリリース。

スポンサーリンク

 FaceTimeのビデオ通話時に表示される自分の顔を隠してくれるMac用ユーティリティアプリ「HideMyFaceTime」がリリースされています。詳細は以下から。

HideMyFaceTime-logo-icon

 HideMyFaceTimeはケンブリッジ大学でコンピュータサイエンスを学んでいるAndrew Deniszczycさんが開発&公開しているFaceTimeユーティリティアプリで、FaceTime通話中に表示される自分の顔に黒いウィンドウを被せて隠してくれる機能があります。

Questions
Can the other person still see me?
Correct. This application simply prevents you from seeing yourself while in a FaceTime call.

HideMyFaceTime

使い方

 使い方はまずHideMyFaceTimeアプリを起動してシステム環境設定アプリの[セキュリティとプライバシー] > [プライバシー]タブ > [アクセシビリティ]から制御を許可。

HideMyFaceTime-Accessibility-app

次にHideMyFaceTimeを再起動し、FacTimeアプリのビデオ通話を起動するとFaceTimeウィンドウの位置を認識し、MacのFaceTimeカメラで撮影されている自分の顔があるエリアを黒いウィンドウで隠してくれます。(*ウィンドウの位置は四隅に移動できます)

HideMyFaceTime-on-UpRight

 HideMyFaceTimeアプリはあくまで自分のMacに映る自分の顔を隠すためのアプリで、通話相手にはFaceTimeカメラで撮影された自分の映像が見えてしまっているので、それも防ぎたい方はFacebookのMark Zuckerbergさんの様にテープを貼るか、Nopeなどのマグネットステッカーをどうぞ。

Mark-Zuckerberg-Tape-FaceTime