macOS Sierra Beta 2ではSiriの起動用ショートカットキーにSpotlightと同じ「CMD + Space」の長押しが追加。

スポンサーリンク

 macOS Sierra Beta 2ではSiriの起動ショートカットキーにSpotlightと同じ「CMD + Space」の長押しが追加されているそうです。詳細は以下から。

Siri-for-Mac-logo-icon

 iMoreのRene RitchieさんやiDownload Blogによると、AppleはmacOS 10.12 Sierra Developer Beta 2/Public Betaで、Siriの起動用ショートカットキー設定にSpotlightと同じ「Command + Space」の長押し追加したそうです。

Siriのショートカットキー

 OS X/macOS Sierra Beta 1のショートカットキーはデフォルトで

ですが、USキーボードのFunctionキーはJISキーボードと違い1番左角に設置されており利用しづらいという意見があったようで、(JISでもFunctionキーが右側にあるのでマウスを操作していると押しづらいですが)

macOS-Sierra-Siri-Keyboard-shortcut

Appleはこれを改善するためBeta 2/Public Betaで新たにSpotlightと同じ「Command + Space」の長押しのショートカットキーをデフォルトでセットしたそうなので、Betaユーザーの方は確認してみてください。

 また、Beta 2/Public BetaではApple Watchを利用してMacのロックを解除できるAuto Unlock機能も利用できるようになっています。

コメント

  1. 匿名 より:

    いよいよ入力スクリプト切り替えを旧デフォルトの⌘スペースから、新デフォルトの⌃スペースに切り替える時が来たか(そしてSpotlightは⌃スペースから⌘スペースへ)。ほかの関連ショートカットからこんな風に攻められてはもう旧デフォルトにこだわるのも限界だ。観念しよう。

  2. 匿名 より:

    ふええ……Spotlightでどうしても^+space使っちゃうよお……

  3. 匿名 より:

    >>2
    同じく・・・