macOS 10.12 SierraではAMD Fury Nano GPUがサポートされる?

スポンサーリンク

 macOS 10.12 SierraではAMD Fury Nano GPUがサポートされるかもしれません。詳細は以下から。

AMD-Radeon-GPU-logo-icon

 Macのサードパーティ製ドライバなどを開発しているロシアのnetkasさんらによると、Appleは現在開発者向けに公開しているmacOS 10.12 Sierra内で、AMDのFury GPUのドライバをテストしているようです。

macOS-SIerra-support-AMD-Fury-Driver

Good news from our friends.
One can get working acceleration (and finally a full working driver) on amd Fiji cards (R9 Fury/X/Nano)
Just add device id (0x73001002) into Baffins section (AMDBaffinGraphicsAccelerator) in /System/Library/Extensions/AMDRadeonX4000.kext/Contents/Info.plist

netkas.org » MacOS 10.12 brings Fiji acceleration support finally

 netkas Forumによると、macOS SierraではAMD Radeon R9 Fury系の開発コードネーム「Fiji」のIDがAMDRadeonX4000.kext内に追加されており、MacPro Late2013(nMP 6.1)にeGPUを利用することで動作を確認したそうです。

R9 Fury R9 Fury X R9 Fury Nano
製造プロセス 28nm 28nm 28nm
サポートAPI ​DirectX® 12, Mantle, OpenGL® 4.58, Vulkan™, OpenCL™ 2.0
PCIe 3.0
Max
Clock
1000Hz 1050Hz 1000Hz
SP数 3,584基 4,096基 4,096基
TDP 275W 275W 175W

 同ForumではSierraでeGPUがネイティブサポートされていない事を確認していますが、AMD Radeon R9 Fury NanoのeGPU接続のみ可能だったとのことで、Fury GPUを搭載したMacか、eGPUオプションが発売されるのではないかと期待されています。

*また、Sierra BetaではAMDの次世代GPUアーキテクチャ「Polaris」GPUのドライバも発見されれています。