Apple、OS X 10.11.1 アップデートで「プレビューアプリで開いたJPEG画像が灰色または緑色のボックスとして表示される不具合」を修正。

スポンサーリンク

 AppleがOS X 10.11.1のリリース・ノートをアップデートし、プレビューアプリでJPEG画像が灰色または緑色のボックスとして表示される問題を解決と発表しています。詳細は以下から。


Preview-app-JPEG-Green


 アップルは現地時間10月21日、El Capitan 初のアップデートとなるOS X 10.11.1 をリリースしましたが、このアップデートではOS X 10.11で発生していた「JPEG画像をプレビューアプリで開いたさい、画像が灰色および緑色に表示される」不具合も修正されているそうです。


 このアナウンスは日本語のMac App Storeのリリース・ノートには記載されていませんでしたが、アメリカやカナダなどのリリース・ノートには記載されており、昨日公開された日本語のサポートページには追記されているため記載漏れがあったようです。


About-OS-X-El-Capitan-10111-Update

このアップデートの内容は以下の通りです。

– OS X El Capitan にアップグレードする際のインストーラの信頼性が向上

– Microsoft Office 2016 との互換性が向上

– メール App に送信サーバの情報が表示されないことがある問題を解決

– メール App でメッセージやメールボックスが表示されない問題を解決

– 特定の Audio Unit プラグインが正常に機能しない問題を解決

– VoiceOver の安定性が向上

– Unicode 7.0 および 8.0 を完全にサポートする 150 以上の新しい絵文字を追加

– プレビュー App で JPEG 画像が灰色または緑色のボックスとして表示される問題を解決

[OS X El Capitan v10.11.1 アップデートについて – Apple]

 Apple Support Communities[1, 2]でもこの不具合が解決されている事を複数のユーザーが確認しているので、プレビューアプリの不具合で困っている方はアップデートしてみてください。(*この他にもヒストグラムが表示されない 不具合なども修正されていました)

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    困っていたんですが、確かに修正されてました。