Appleは18KケースのApple Watch Editionの為に金の含有量を半分に減らす特許を取っている?

スポンサーリンク

 Appleは18KケースのApple Watch「Apple Watch Edition」の為(?)に金の含有量を半分に減らすことのできる特許を取っているそうです。詳細は以下から。


Apple-Watch-Edition


 Apple Watchの18Kモデル「Apple Watch Edition」は金メッキではなく18金であるため現在の価格では30g程度でも数千ドル、18Kバンドのモデルは1万ドル以上するのではないかと噂されており、アメリカの金の保有量を危惧する方々もいるようですが、

We greeted each other, walked in, and started staring, close-up, at the lineup. When we got to the Edition models, Vincent said, with some excitement, “This is going to cost $20,000.”

I’d already started thinking that the Edition models would cost thousands, plural, but $20,000 struck me as a price from Bananas Town. Vincent’s reply was something to the effect of, “Try to find a good 18-karat gold watch for less than $20,000. You won’t.”

[Apple Watch Prelude – Daring Fireball]

 AppleはこのApple Watch Editionに使用するため(?)、18金の含有量を体積基準で標準の18金よりも少なくする特許を取得していたそうです。

Abstract
A metal matrix composite using as one of the components a precious metal is described. In one embodiment, the precious metal takes the form of gold and the metal matrix composite has a gold mass fraction in accordance with 18 k. The metal matrix composite can be formed by blending a precious metal (e.g., gold) powder and a ceramic powder, forming a mixture that is then compressed within a die having a near net shape of the metal matrix composite. The compressed mixture in the die is then heated to sinter the precious metal and ceramic powder. Other techniques for forming the precious metal matrix composite using HIP, and a diamond powder are also disclosed.

[United States Patent Application: 0140361670]

 Dr. Drangによると「Appleの金は金属基複合材料”Metal Matrix Composite”で、一般的な合金ではない。18金は金に銀や銅、他の金属を混ぜて作られているが、Appleの金は低密度セラミック粒子を混ぜられている」これによってAppleはApple Watch Editionのサイトにある「標準の金よりも最大二倍硬くなるように開発した18K」を実現しているようです。


Apple-Watch-Edition-18K-About

How can this be? It’s because Apple’s gold is a metal matrix composite, not a standard alloy. Instead of mixing the gold with silver, copper, or other metals to make it harder, Apple is mixing it with low-density ceramic particles. The ceramic makes Apple’s gold harder and more scratch-resistant—which Tim Cook touted during the September announcement—and it also makes it less dense overall.

[Apple gold – All this – And now It’s all this]

 具体的にどれほど18金の含有量を減らせるかは15ページのTable 1″Relative Gold Volume and Mass of 18K Gold Sample”に記載されており、Sample Aの18K金合金と各プロセス後の金属基複合材料 Sample B-Fの金の含有量では最大50%程度減らせるようです。


Relative-Gold-Volume-and-Mass-of-18K-Gold

(*Dr. Drangも指摘していますがTable 1の%は間違っていてあてにならないのでg単位で見てください)

 この特許によってApple Watch Editionの数千〜数万ドルという予想価格も大幅に下がるのではないかとDaring FireboallのJohn Gruberさんも予想しています。

According to their patent, one of their mixtures uses just 28 percent as much gold as a standard 18-karat alloy. This, in turn, has reignited hopes that Apple Watch Edition pricing will be significantly lower than consensus estimates.

[Apple Gold – Daring Fireball]

補足

 金の含有量について多少分かりにくいとコメントを頂いたので補足していくと、Dr. Drangさんの以下のコメント「金の基準であるカラットは質量分率にもとづいている。18金 100gには75gの金と25gのその他の金属を有している。もし、その他の金属が低密度セラミックなら、セラミックが高密度の金属より大きな体積を占めることになる。Apple Watchは固定のサイズ(言い換えれば体積)で作られており、重さではない、このようにしてApple Watchは従来の18金合金より少ない金を含んでいることになる」の通り、

The karat measure of gold is based on the mass fraction. One hundred grams of 18k gold has 75 grams of gold and 25 grams of other material. If that “other material” is a low-density ceramic, it takes up a bigger volume than if it’s a high-density metal. Because the casing of a watch is made to a particular size (i.e. volume), not to a particular weight, the Watch will have less gold in it than an 18k case made of a conventional alloy.

 例えば同じ18金でも「銀と銅との合金」と「炭化ホウ素との合金」では1立方センチメートルあたりの金の質量が11.7gと5.43gとなり、後者は前者の約半分の金で出来ていることになります。炭化ホウ素はAppleの特許に出てくる素材の1つなので実際にはどの様な合金で出来ているかわ分かりませんが、Appleがこの特許をApple Watch Editionに使用すれば一般的な合金より少ない金で(低価格で)Apple Watchを作れることになります。


cubic-centimeter-of-apple-watch-gold2

関連リンク:
Apple gold – All this – And now It’s all this

コメント

  1. Apple7743 より:

    >18金の含有量を体積基準で標準の18金よりも少なくする
    その時点でそれはもう18金と呼べなくなるのでは…

  2. Apple7743 より:

    >>1
    アブストラクトだけ読んだだけだから正確な説明ではないと思うが、
    18kの時点で既に混ぜ物がしてあってこの特許はMMC構造体によって金の質量を減らせるて事らしい。
    ttp://www.omamoriya.com/cat8/post_66.html
    詳しくはDrang先生のg/ccの計算式が分かりやすい。
    Now assume an 18k gold with 75% gold and 25% boron carbide by weight (that’s one of the ceramics mentioned in Apple’s patent). Boron carbide has a density of 2.52 g/cc, so a gold/boron carbide metal matrix composite would have a density of about
    ttp://leancrew.com/all-this/2015/03/apple-gold/

  3. Apple7743 より:

    よくわからん
    詳しく

  4. Apple7743 より:

    日本語訳が微妙なだけで原文は 18k を元にした Apple’s gold って言ってるから問題無し
    ただこの材料だと試金石検査では 18k て判別されるだろうから面倒な事になりそう
    ちゃんと比重も測ればいいんだけど

  5. Apple7743 より:

    18金は「純金75%」という意味だから、あと残り25%はなんでもOK
    その25%を工夫することでとっても硬い18Kに! 硬いからボディを薄くして金を節約できるよ! という意味じゃないのかな

  6. Apple7743 より:

    化学屋じゃないが >>5 行っていることが正しい。
    要は純金に入れる不純物によって単位体積当たりの質量が変わる。
    でも金が75%含まれていれば18Kだから過大広告でもないし、嘘も付いていない。

  7. Apple7743 より:

    純金は24Kだからな

  8. Apple7743 より:

    エアインチョコみたいなフワフワの 24金、 無重力下なら作れそう。

  9. Apple7743 より:

    気合入ってていいね

  10. Apple7743 より:

    これ溶かして金にするとか言う奴もおらへんやろ……少なくとも二三年は