開発者向けのApple Bug Reporterに投稿した内容をそのままOpen Radarにコピーして投稿できるSafari 機能拡張「BugValet」がリリース。

スポンサーリンク

 Apple Bug Reporterに投稿した内容をそのままOpen Radarに投稿してくれるSafari 機能拡張「BugValet」が公開されています。詳細は以下から。

Safari-BugValet-機能拡張


 Appleが開発者向けに公開しているバグレポートサイト「Apple Bug Reporter」は開発者がAppleに不具合や改善の要望を出せるシステムですが、このApple Bug Reporterは非公開で投稿しなバグも何のコメントもないまま突然Closedされたり、他の開発者が投稿したバグレポートの検索/閲覧などが出来ないため、

Open-Radar-Hero

一部の開発者はTim Burksさんらが作成した誰でも閲覧可能なOpen RadarにApple Bug Reporterと同様のバグレポートを投稿し情報の共有を図っていますが、このOpen RadarにApple Bug Reporterの内容をそのままコピーして投稿できるSafari拡張機能を元AppleのエンジニアでMarsEditorの開発者のDaniel JalkutがGitHubで公開しています。

 この機能拡張をインストールすると、Apple Bug ReporterのPloblem内に”Send Open Radar”のボタンが表示され、Bug number, Title, Product, Status, DescriptionがOpen Radarの入力フォームにコピーされ、すぐに公開できるのでバグレポーターの方はGitHubからどうぞ。

My-Apple-Bug-Reporter

With the plugin installed, you will find an additional button in the user interface when examining your own (already filed) bugs in Apple’s Bug Reporter. Select a bug from your list by clicking on it, then find the button labeled “Send to Open Radar”. Click the button to open a new tab to Open Radar, where you will find the “New Radar” form pre-populated with some of the most important information from your bug report.

[danielpunkass/BugValet – GitHub]

関連リンク: