Apple、開発者向けにApple Watch用SDK「WatchKit」を公開。ユーザーインターフェイスガイドやイントロダクションビデオも。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが開発者向けにApple Watch用SDK「WatchKit」やApple Watch用アプリを作成する上で重要なユーザーインターフェイスガイド(HIG)などを公開しています。詳細は以下から。


Apple-Watch-App-Hero


 Apple Watch用アプリは「Watch App」と呼ばれ、iPhoneのバックグラウンドで動作するWatchKit ExtensionがApple Watchのユーザーインターフェイスを操作するそうです。またWatch Kitでは

・WatchKit Apps:ユーザーが起動し操作できるApple Watch用アプリ

・Glances:ユーザーが(リマインダーの通知などを)見て読み取るだけのアプリ

・Actionable Notifications:ユーザーが通知から他の操作(照明を消すなど)を出来るアプリ

が開発可能で、


WatchKit-App-Glances-Actionable-Notifications

When your app is launched on Apple Watch, the WatchKit extension on iPhone runs in the background to update the user interface and respond to user interactions. WatchKit provides three opportunities to extend your iPhone app to Apple Watch: WatchKit apps, Glances, and actionable notifications.

[WatchKit – Apple Developer]

 WatchKit Programming Guideでもこの3種類のアプリの作成方法が掲載されています。


WatchKit Programming Guide: Developing for Apple Watch
[WatchKit Programming Guide: Developing for Apple Watch – Apple]

 HIGでは更にWatchKit Apps、Glances、Actionable NotificationsのUIについて補足がされており、Glancesは非スクロールスクリーンで対応アプリへのリンクが可能、Actionable Notificationsはスクロール(Long Look)可能でアクションボタンの設定が可能などの情報が掲載。


Apple Watch Human Interface Guidelines
[Apple Watch Human Interface Guidelines: Designing for Apple Watch – Apple]

 また、チュートリアルビデオも公開されており、アーキテクチャーから、WatchKit Framework、Watch Appの作成法、Advanced Tipsなどが紹介されています。




関連リンク:
WatchKit – Apple Developer

Apple Watch Human Interface Guidelines: Designing for Apple Watch – Apple

WatchKit Programming Guide: Developing for Apple Watch – Apple

11 things we just learned about how the Apple Watch works – The Verge

MacPeople 2014年11月号 [雑誌] マックピープル
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス