デスクトップ上のオブジェクトを全てレイヤーとしてキャプチャしPSDファイルとして出力してくれるアプリ「Softmatic ScreenLayers」が無料セール中

スポンサーリンク

Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/applech2/applech2.com/) in /home/applech2/applech2.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 417

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/applech2/applech2.com/) in /home/applech2/applech2.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 443

 アプリケーションウィンドウを全てレイヤーとしてキャプチャしPSDファイルとして出力してくれるアプリ「Softmatic ScreenLayers」450円が期間限定で無料セール中です。詳細は以下から。

Softmatic ScreenLayers

 Softmatic ScreenLayersはデスクトップ上にあるウィンドウ(オブジェクト)を個別にレイヤーとしてキャプチャしPSDファイルとして出力してくれるアプリです。使い方はアプリを起動し出力フォルダを決めてショートカットキー(Shift+Command+5または6)でスクリーンショットを撮るだけです。

Softmatic ScreenLayersの設定

 出力されたPSDファイルをPhotoshopやGIMPで開くとウィンドウやメニューバー等ディスプレイ上の全てがレイヤーとしてキャプチャされているのがわかると思います。

Softmatic ScreenLayersのデモ

 また、Shift+Command+6でウィンドウをセレクトしてキャプチャも出来ます。

Retina Displayの場合はPSDファイルが数十〜数百MBになるようなので注意して下さい。

ScreenShot PSD 450円 → 無料

ScreenShot PSD
ScreenShot PSD
Developer:
Price: Free
Softmatic ScreenLayersは消えてしまっていますが、ScreenShot PSDなどが同じ機能があります。

コメント

  1. Apple7743 より:

    おもしろいソフトだとは思っていたけど、お金を払ってまで活用する方法が思いつかなかったから買ってなかった。
    この機会に試させてもらおう。

  2. Apple7743 より:

    Retina 15″で使ったら300MB超えた orz