PFU、Apple T2搭載のiMac ProやMacBook Pro 2018などでMacを起動/再起動すると、キー配列通り入力できなくなる問題を解決する「HHKB再接続ツール for Mac OS」を公開。

シェアする

スポンサーリンク

 PFUがApple T2搭載のiMac ProやMacBook Pro 2018などでMacを起動/再起動すると、キー配列通り入力できなくなる問題を解決する「HHKB再接続ツール for Mac OS」を公開しています。詳細は以下から。

HHKBReconnecter

 株式会社PFUは2019年01月、同社が販売するHappy Hacking Keyboardシリーズのキーボードが、iMac ProやMacBook Pro (2018)、Mac mini (2018)、MacBook Air (Retina, 13inch, 2018)などAppleのT2セキュリティチップを搭載したMacで、HHKBを接続しMacを起動/再起動すると配列どおりに打てなくなる不具合を修正した「HHKB再接続ツール for Mac OS Ver.1.0」を新たに公開したと発表しています。

Macを起動/再起動すると、キー配列通り入力できなくなる問題を解決します。

Happy Hacking Keyboard | HHKB再接続ツール(Mac) – PFU

 対象となるキーボードはHHKB Lite2やProfessional/2など以下のUSBモデルで、macOS用HHKBドライバ(Ver4.0)がインストールされたmacOS 10.13 High Sierra/macOS 10.14 Mojave搭載のMacでHHKB再接続ツールインストール後にこの問題が修正されるそうなので、ユーザーの方は試してみてください。

HHKB再接続ツール

対象機種

  • Happy Hacking Keyboard Lite2
  • Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac
  • Happy Hacking Keyboard Professional2
  • Happy Hacking Keyboard Professional2 Type-S
  • Happy Hacking Keyboard Professional JP
  • Happy Hacking Keyboard Professional JP Type-S

コメント

  1. 匿名 より:

    明らかにApple側の不具合なのにカバーしなきゃならないデベロッパーは大変やな