Mac Pro 2013にM.2 PCIe SSDを最大2枚追加できる変換ボード「AngelShark Carrier Board」が発売。

スポンサーリンク

 Mac Pro 2013にM.2 PCIe SSDを最大2枚追加できる変換ボード「AngelShark Carrier Board」が発売されているそうです。詳細は以下から。


 2013年にAppleが発売したシリンダー型の「Mac Pro (2013)」にはPCIe SSDコネクタが1つしか搭載されていないため、OWCなど各メーカーは4TBなど1枚で大容量のPCIe SSDをMac Pro (2013)向けに発売していますが、米BareFeatsによるとAmfeltecというカナダのメーカーが、MacPro (2013)にPCIe SSDを2枚搭載できる変換ボード「AngelShark Carrier Board」を昨月より発売しているそうです。

AngelShark Carrier Boardの構成

クリックで拡大

CANADA, Markham, February 1, 2018 – Amfeltec Corporation’s AngelShark Internal M.2 PCIe SSD Carrier Board is the most versatile product of its kind on the market. It allows Mac Pro (Late 2013) users to add one or two extra storage modules inside their Mac, while keeping the factory-installed storage as well (SSD module).

Amfeltec Offers Apple Mac Pro Users Expansion Solution via Internal M.2 PCIe SSD AngelShark Carrier Board™ – Amfeltec

スポンサーリンク

AngelShark Carrier Boardの構成

 AngelShark Carrier Boardのマニュアルによると、同変換ボードは元々Mac Pro (2013)に搭載されていたApple製PCIeの他に、2260または2280, 22110モジュールのM.2 PCIe SSDを最大2枚増設することが可能で、PCIe Gen 3.0 (8.0 Gbps)に対応し、Mac Pro (2013)のエンクロージャーの中に収まるように設計されており、

AngelShark Carrier BoardのManual

動作確認用のLEDインジケーターやT8ネジ、ヒートシンクなどが付属しする他、SSDの電源を補うためにMac Pro (2013)のSSDボード右上に設置されている”Power Standoffs”に接続するネジなどが付属しているそうです。

AngelShark Carrier Boardの付属品

スペック

  • Located inside Mac Pro (Later 2013) cylinder
  • x4 PCI Express Gen3 connection to each SSD module
  • Supports up to 2 M.2 PCI Express SSD modules
  • Supports any M.2 PCI Express modules (M.2 M-key)
  • Supports M.2 module sizes 2260, 2280 and 22110
  • Compliant with PCIe Specification 3.0
  • Compliant with M.2 Specification 1.1

 公式サイトによると、AngelShark Carrier Boardは受注生産のようで、プロダクトナンバー”SKU-088-01″を件名に加えAmfeltecの公式メールアカウントにリクエストすると折り返しメールが来るそうで、

  • 利用可能だったM.2 SSD
    • Samsung 960 EVO Full Bandwidth on Read & Write
    • Samsung 960 Pro Full Bandwidth on Read & Write
    • Samsung PM951 NVMe Full Bandwidth Read, 1/4 Bandwidth Write
    • Toshiba XG4 Full Bandwidth Read, 1/4 Bandwidth Write
    • Toshiba XG3 Full Bandwidth Read, 1/4 Bandwidth Write
  • 利用できなかったM.2 SSD
    • LiteOn CX2 (commonly used in Dell Latitude & Precision Notebooks)

昨年11月にテストボードを送ってもらったRyanXMさんによると、1モジュール518.62ドル(割引あり?)からの注文となるようで、モジュール自体は高いですが一般的なM.2 SSDが利用できるという利点があるそうです。

おまけ

 MacRumros ForumのRyanXMさんおよび、BareFeatsのRob Art MorganさんのSamsung 960 ProやEvo(NVMe)やSM951(AHCI)を用いたレビュー&ベンチマークによると、AngelShark Carrier Boardはリンク幅x4(Link Speed : 5.0 GT/s)がボトルネックとなりRead/Writeとも960Proの最大性能(最大~3,000MB/s)の半分(1500MB/s)程度までしか転送速度が上がらないようですが、

However, newer Apple proprietary and generic M.2 blades “hit the wall” at 1500MB/s when installed inside the 2013 Mac Pro. Why? Because its Gen 2.0 PCIe ‘pipeline’ is rated at x4 Link Width and 5.0 GT/s Link Speed. But at least with newest compatible flash blades, you can be assured of a 50% boost over the original 2013 Apple factory “XP941” blade.

AngelShark M.2 Carrier inside 2013 Mac Pro – BareFeats

それでも、Apple製XP941 SSDより50%高速で、Mac Pro (2013)の2TBモデルと同ボードを利用すれば最大6TB SSDも可能なようなので、興味のあるMac Proユーザーの方は公式サイトなどをチェックしてみて下さい。