watchOS 3のワークアウトアプリはカロリーやBPMなどを最大5つの情報を1画面に表示し、アイコンが走り出す。

スポンサーリンク

 watchOS 3のワークアウトアプリはカロリーやBPMなどを最大5つの情報を1画面に表示し、アイコンが走り出すギミックが追加されています。詳細は以下から。

watchos-3-minnie-mouse-logo-icon

 iOS 10と同時にリリースされたApple Watch用OS「watchOS 3」では、新たにワークアウトアプリがアップデートされ、watchOS 2まで別々に表示されていた「現在時刻」「距離」「ペース」「カロリー」「心拍数」「経過時間」といったデータを1つの画面で表示することが可能になっています。

watchos-2-and-3-work-out-1

 また、ワークアウトのモジュラーがある文字盤を設定しているとワークアウト中にモジュラーのアイコンが走り出すギミックが追加されているので、watchOS 3やApple Watch Series 2ユーザーの方は確認してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    これは知らなかった。アイコンが走るのは面白いね。