Blackmagic Design、Macにも対応したAfter Effectsの対抗アプリとなるモーショングラフィックツール「Fusion 8」のPublic Betaを公開。

スポンサーリンク

 Blackmagic Designが映像編集アプリ「Fusion 8」のPublic Betaを公開しています。詳細は以下から。


Blackmagic-Design-Fusion-8-for-Mac-Hero


 Fusionはeyeon Software, Inc.が開発していたAdobe After Effectsの様なWindows用 モーショングラフィックス・アプリで、2014年に米Blackmagic Designがeyeon Softwareを買収しMac版を開発。現地時間2015年8月27日にPublic Beta版を公開したそうです。

2D/3D合成およびモーショングラフィック用の包括的ソフトウェア。ペイント、ロトスコープ、タイトル作成、アニメーション、Primatteを含むマルチキーヤー、優れた3Dパーティクルシステム、高度なキーフレーミング、GPUアクセラレーション、他のアプリケーションからの3Dモデル/シーンの読み込みおよびレンダリングなどに対応した多彩なツールセットを搭載しています。

[Fusion モーショングラフィック – Blackmagic Design]

OS Xにも対応

 新たにOS Xにも対応したFusion 8のシステム要件はOS X 10.10 Yosemite以上がインストールされたMacで1GB以上のディスクスペースと8GB以上のメモリが必要。


Blackmagic-Fusion-8-requirement-for-Mac

 Illustrator、CorelDRAW、Inkscapeから2Dベクターファイルを、3DファイルをCinema 4D、3ds Max、Mayaなどからインポートすることも可能で、Public Betaはユーザー登録するだけで利用できるので、興味のある方は関連リンクから公式サイトへどうぞ。


Blackmagic-Design-Fusion8-on-MacBook

関連リンク: