Tweetbot for Mac バージョン2.0のちょっと便利な新機能&Tipsまとめ。

スポンサーリンク

 Tweetbot for Mac v2.0のちょっと便利な新機能&Tipsのまとめです。詳細は以下から。


Tweetbot-for-Mac


Tweetウィンドウ

 地味な新機能ですが、Tweetbot for Mac v2.0からはTweetウィンドウの表示位置を記憶し、Tweetウィンドウを移動した位置に新しいウィンドウが表示されるようになっています[1]。


2015-06-05 09_57_03
[Gif Anime:左がv1.6, 右がv2.0です]

ESCキーでセレクト解除

 Tweetbotでは特定のTweetをクリックするとセレクト表示され、そのツイートに対して[Command + R]でリプライ等が出来ますが、このセレクト表示はESCキーを押すことで解除可能です[1]。


Tweetbot-ESC-key

タイトルバーをControlクリック

 Tweetbotは複数カラム/ウィンドウの表示が可能ですが、Tweetbot v2.0からは複数カラム/ウィンドウを表示した状態でタイトルバーをControl+クリック(右クリック)すると。

  • Detach:カラムを切り離す
  • Remove:カラムを削除
  • Attach to Main Window:ウィンドウをメインウィンドウに付ける

のオプションが選択可能です[1]


Tweetbot2-Titlebar-Control-Click

左下のカラムボタン

 Tweetbot v2.0で新たに搭載されたメインウィンドウ左下の「カラムボタン」では新しくウィンドウやカラムを開いたり、Twitter検索ウィンドウを開いたりすることが出来ます[1]。


Tweetbot2-left-bottom

新しいプレビューウィンドウ

 Tweetbot v2.0では画像のプレビューウィンドウが刷新され、Tweetbot for iOSの様に画像+元のTweetという風に表示されます(Vineなどの動画プレビューはデフォルトブラウザで開かれます)。


Tweetbot2-image-Preview

Preference

Preferencesでは新たに

  • Show Image Preview:TL内に画像のサムネイルを表示
  • Round Avatars:ユーザーのアバター(アイコン)を丸くする
  • Show Badges on Avatars:アバター上にバッチを表示

のオプションが追加されており、新しいプレビューウィンドウにより画像オプションが無くなっています(NotificationsタブはAccountタブ内に移動)。


Tweetbot-v2-Preferences

v2.1では?

 Tweetbot for iOSより多少機能が乏しいMac版のv2.0ですが、Tweetbotの開発者のThomasさんによれば、Tweet内に埋め込まれた動画プレビューや引用ツイートの表示(拡張機能も?)はv2.1でアップデートされるようです。


関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    埋め込み引用ツイートは次のバージョンアップか…。ちょっと残念。